神が全知であるとは?



 

質問: 神が全知であるとは?

答え:
”全知”ということばは、”完全な知識がある状態。すべてを知っているという素質”と定義されます。神がすべての被造物―目に見えるものであっても見えないものであっても―の支配者であるためには、全知でなければなりません。神の全知という素質は、三位一体の神のうちのひとりの位格だけに限られているのではなく―父、子、聖霊の皆が本質的に全知なのです。

神は何もかもご存知です。(第1ヨハネ3:20)神は私たちの生活の詳細を知るだけでなく、私たちを取り囲むすべて をもご存知です。なぜなら、神は, 雀が地に落ちるのも、私たちの髪の毛一本が抜けるのさえもご存知だと述べておられるから。(マタイ10:29-30)神は歴史の終わる時までに起こるすべての事をご存知であるだけでなく、(イザヤ46:9-10)私たちの思いが口に上る前に、神は私たちの心をご存知なのです。(詩篇139:4)神は遠くからでも私たちの心を知っておられ、母の胎にいる私たちをもごらんになりました。(詩篇139:1-3;15-16)ソロモンはこの真理を完全に表現しています。「あなただけがすべての人の子の心を知っておられるからです。」(第1列王記8:39)

御子がご自分を無にして人の子となられたにもかかわらず、(ピリピ2:7)新約聖書では、御子が全知であることを明らかに見ることができます。使徒伝1:24の最初の使徒たちの祈り「すべての人の心を知っておられる主よ。」はイエスが全知であること―それは願いを受け取り、神の右に座してとりなしができるためには必要なので―を暗示しています。地上におられたイエスの全知は同じく明らかです。福音書の多くの記事は、イエスが聴衆の思いを知っておられたことを表しています。 (マタイ9:4;12:25;マルコ2:6-8;ルカ6:8)イエスは人々に出会う前から、彼らの生活について知っておられました。イエスはスカルという町で井戸の水を汲みに来た女に会われた時、彼女に言われました。「 あなたは夫が五人あったが、今あなたと一緒にいるのは、あなたの夫ではない。」(ヨハネ4:18)またイエスは弟子たちに、ラザロの家から25マイルも離れたところにおられたのに、彼らの友ラザロは死んだと告げられました。(ヨハネ11:11-15)主の晩餐の準備のために、どこに行ってどんな人について行くべきか、イエスは弟子たちに言われました。(マルコ14:13-15)中でも最高なのは、イエスがナタナエルに会う前に、彼の心をご存知だったので、彼を知っておられたということでしよう(ヨハネ1:47-48)

明らかに、地上においてのイエスの全知を私たちは観察しますが、同じくここでパラドックスが始まります。イエスはよく質問をされます。ということは、イエスはご自分のためというよりも、聴衆の利益のために質問されるのですが、イエスに知識がないことを暗示しています。 しかしながら、イエスの全知に関しては別の面があります。それは神の御子として自分から人の姿をとられたので、そこに人間としての限界が出てきます。イエスは、人として「ますます知恵が進み、背丈も大きくなり」(ルカ2:52)「多くの苦しみによって従順を学び、」(へブル5:8)とあります。また、イエスがこの世がいつ終わるのか知らないと言われました。(マタイ24:34-36)だから、私たちは、御子はそれ以外のことはみな知っておられるのなら、なぜご存知でないのかと 問わなければなりません。これを単に人間の限界として見なすのではなく、制限された無知と見るべきです。これは、私たちの性質を完全にともにするために、第二のアダムになるために、自分からされた謙遜のわざだったのです。(ピリピ2:6-11;へブル2:17)

最後に、全知なる神にできないことはありません。そのような神に置いた私たちの信仰のゆえに、私たちが神とともにある限り、神の約束に私たちが失望することはないと知っているので、私たちは、神のうちに安全に休むことができるのです。神は、永遠の昔から、また創造の前からも私たちを知っておられました。 神はあなたも私をも知っておられました。時代のどの時に現れるか、誰と関係を持つかなど、すべてご存知でした。神はその醜さと腐敗の中の私たちの罪さえも知っておられました。それでも、神は、愛を持ってご自分の印を私たちにつけ、イエス.キリストの愛にひき寄せてくださいました。(エペソ1:3-6)いつか私たちは顔と顔を合わせてキリストに会うのですが、キリストの知識は決して完全にはなりません。神の天国の愛の光に浸って、私たちの全知なる神についてもっともっと学びながら、キリストに驚嘆 し、その愛と賛美は何千年も続くでしょう。


日本語のホームページに戻る



神が全知であるとは?