神はどんなかたちに見えるのですか?



 

質問: 神はどんなかたちに見えるのですか?

答え:
神は霊です。(ヨハネ4:24)それで神の外観は私たちが説明できるようなものではありません。出エジプト記33:20は「また仰せられた。『あなたは わたしの顔を見ることはできない。人はわたしを見て、なお生きていることはできないからである。』」と記しています。罪ある人間が完全な栄光に包まれた神を見ることは不可能なのです。神の外観は全く想像に足りず、あまりにも栄光に輝いているので、罪ある人間が見て安全なことはないのです。

聖書は、時折神が人々に現れる事を書いています。これらの例をとって、神が正確にどのような外観を持っておられるかを現わしていると解釈してはなりません。それよりも神が私達人間が理解できるようなかたちでご自分を現わしてくださったと理解すべきです。神がどんなかたちで見えるのかということは、私たちの理解やことばで表現する能力をはるかに超えたことなのです。神は、私たちが神の外観のイメージを持つためというよりも、私たちに神についての真理を教えるために、時々ご自分のかたちをちらっと見せてくださるのです。神の驚くばかりの現われを力強く説明している箇所が二ヶ所あります。エゼキエル1:26-28と黙示録1:14-16がそれです。

エゼキエル1:26-28は、「彼らの頭の上、大空のはるか上のほうには、 サファイヤのような何か王座に似たものがあり、 その王座に似たもののはるか上には、人間の姿に似たものがあった。私が見ると、その腰と見える所から上のほうは、その中と回りとが青銅のように輝き、火のように見えた。その腰と見える所から下のほうに、私は火のようなものを見た。その方の回りには輝きがあった。その方の回りにある輝きのさまは、雨の日の雲の間にある虹のようであり、それは主の栄光のように見えた。私はそれを見てひれ伏した。そのとき、私は語る者の声を聞いた。」と宣言しています。黙示録1:14-16では、「その頭と神の毛は、白い羊毛のように、また雪のように白く、その目は燃える火のようであった。その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、この声は大水の音のようであった。また、右手に七つの星を持ち、口からは鋭い両刃の剣が出ており、顔は強く照り輝く太陽のようであった。」と述べています。

これらの箇所で、エゼキエルもヨハネも神の様子をできる限りベストに表現しようと努力しています。彼らは、人間のことばでは表現できないことを表現するのに、象徴的な言語を用いなければならなかったのです。例えば、”~のようであった”、”~の姿に似たもののようで” 、”~に見えた”などです。私たちは天国に行けば、「キリストのありのままの姿を見る」(第1ヨハネ3:3)ということを確かに知っています。そこには罪はもうないので神のすべての栄光の中で私たちは神を理解することができるのす。


日本語のホームページに戻る



神はどんなかたちに見えるのですか?