どうしたら神が支配しておられることを信頼できるようになるのですか?


質問: どうしたら神が支配しておられることを信頼できるようになるのですか?

答え:
神がすべての人生の状況を支配しておられることを信頼できるようになる前に、4つの質問に答えなければなりません。:神は本当に支配しておられるか?;どれほどの支配をしておられるのか? もし神が完全に支配しておられないのなら、誰が/ 何が支配しているのか?では、神が支配しておられる事柄だけを信頼して、それで済ますにはどうしたらいいのか?

神は本当に支配しておられるのでしょうか?神がすべてを支配しておられるという考えは神の〝主権″と呼ばれます。自分の生活の中で神の主権を理解すること以外、何も力と自信を与えてくれるものはありません。神の主権は、歴史上一瞬一瞬、すべての被造物、出来事、状況を神が誰にも頼らずに完全に支配しておられることと定義されます。誰にも支配されず、誰にも影響されないで、神は御心のままに、唯一みこころに従って、いつも御心を成されるのです。. 神は宇宙の各微分子を各瞬間をいつも支配しておられます。そして神が原因で、または神の許可で起こるすべてのことを、ご自分の完全な目的のために支配しておられます。

「万軍の主は誓って仰せられた。『必ず、わたしの考えた通りに事は成り、わたしの計った通りに成就する。』」(イザヤ14:24)行き当たりばったりとか偶然とかは、特に信者の人生においては、何もありません。神が、それを〝計られた″のです。計画的に何かをすると決心したという意味です。神は御心に従って何かをする決断をされたのであって、神の御前に立ちはだかるものは何もないのです。 「わたしは、終わりのことを初めから告げ、まだなされてないことを昔から告げ、『私のはかりごとは成就し、わたしの望むことをすべて成し遂げる』と言う.。」(イザヤ46:10)これが力ある、確固とした目的を持つ私たちの神、すべてを支配しておられる神なのです。 それで、私たちに偉大な慰めを与え 恐れを失くす助けになるでし

しかし、正確にはどれほどの支配をしておられるのでしょう?神のすべての被造物に対する完全な 主権は、オープン神論―神は未来に何が起こるか私たち以上にも知っておられない。それで、罪深い被造物たちが自由意志を使うので、神は常にご自分の計画を変えなければならないという考え―と矛盾しています。神は事が起きるにつれて何が起こるかを見つけておられるのではありません。 神は続けて積極的に事―すべてのこと―ここで今―を運営しておられるのです 。しかし、神のご計画を成就するために、私たちの協力、助け、又は私たちの自由意志を神が必要としておられると考えることは、私たちが神を支配していることになり、それでは私たちが神になることになります。このウソを私たちは以前いつ聞いたでしょう? これはエデンの園でのサタンの同じウソの繰り返しです。―〝あなた方は神のようになります‴。(創世記3:5) 私たちの意志は神がその自由をお許しになるだけ自由なのです。それ以上の自由はありません。 「地に住む者はみな、無き者とみなされる。彼は、天の軍勢も、地に住むものも、御心のままにあしらう。御手を抑えて、『あなたは何をされるのか』と言う者もない。」(ダニエル4:35) 誰の自由意志も神の主権に勝つことはないのです。

ある人たちは、サタンに生活の中である程度の支配があるので、神はサタンの策略に対抗するために計画を修正し続けておられると考えることに魅力を感じています。ヨブ記は誰に主権があって誰にないかをはっきり描いています。サタンは神の所へ来て、事実上、"あなたがヨブを守っているからあなたに仕えているだけなのだ。‴と言いました。それで、神はサタンがヨブに対してしていいこととそれ以上してはいけないことを許されました。(ヨブ記1:6-22). サタンはそれ上のことができたでしょうか?いいえ、すべての段階で神の計画を妨げようとするサタンと悪霊たちを神は支配しておられました。

サタンは旧約聖書から神の計画はイエスをこの世に遣わして、イエスが裏切られて十字架にかけられ、よみがえり、何百万と言う人の救いを提供するということを知っていました。それで、もしそれが起こらないようにする方法があれば、サタンはそれをしたでしょう。メシヤに関する数百の預言の中の一つでもサタンのせいで成就しなかったなら、全部が失敗に終わっていたでしょう。 しかし、数千人の人々が個人的な"自由意志"で決断したことは、神がご自分の計画を成就するようにと初めから計画された通りの方法で 成就したのです。サタンには何もすることはできませんでした。

イエスは「神の定めた計画と神の予知によって引き渡された」のです。(使徒伝2:23)ローマ人、パリサイ人、ユダ、又は他の誰の行動も神の計画が、世界の基の置かれる前から神の目的に沿って正確になされることを邪魔する者はいませんでした。 エペソ1章は、私たちは世界の創造される前からキリストにあって選ばれていたと述べています。私たちがキリストに置く信仰によって救われることは神の心にあったのです。 つまり、神はサタンの反逆、アダムとエバの罪、人類の堕落、そしてキリストの十字架での死と復活―どれもひどく思える出来事ですが、―私たちを創造する前から、私たちを救うために、それらの出来事をを結び合わせてくださったという意味です。ここに神がすべてを私たちの益となるために働かせて下さった完全な見本があります。(ローマ8:28)

無限の力、比類ない威厳、ご自分以外の何物にも妨げられない私たちの神は、すべての状況を完全に支配しておられるのです。ご自分の目的に従って、それらを起こしたり、許可したりしてあらかじめ定められたとおりに計画を成就されるのです。

最後に、神の主権ある支配を信頼して安心する唯一の方法は、神を知ることです。神の特質を知り、過去に神のされたことを知ることは神への信頼を深めることになります。ダニエル11:32は、「、、、自分の神を知る人たちは、堅く立ってことを行う。」と言っています。 そのような力が悪い不正な神の手にあるとしたらどうでしょう。私たちのことは本当に気にしてくれない神を想像してみてください。 しかし、私たちの神の主権を私たちは喜ぶことができます。なぜなら、神の主権は、神の善意、愛、あわれみ、愛情、忠実さと聖さによって影が薄らぐからです。

しかし、知らない誰かを信用することはできません。神を知るには唯一の方法しかありません。—神のことばを通してです。一晩で私たちを霊的巨人にする魔法の法則も私たちを成長させて私たちの信仰を強め、力と自信の塔にするために一日三回祈る神秘的な祈りもありません。聖書、私たち人生をひっくり返して変える力の唯一の源である聖書しかありません。しかし、すべてを支配しておられる神について知るためには、努力と勤勉、日々の苦労が要ります。 みことばを深く飲み、心と精神をそれに浸すなら、神の主権は私たちにとって明らかになり、それを喜ぶようになります。なぜなら、すべてを目的に従って支配しておられる神を親密に個人的に知り、完全に信頼 するようになるからです。

English


日本語のホームページに戻る
どうしたら神が支配しておられることを信頼できるようになるのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける