神はなぜサタンが私たちを攻撃するのをお許しになるのですか?


質問: 神はなぜサタンが私たちを攻撃するのをお許しになるのですか?

答え:
サタンの攻撃は様々な形でやってきます。 1)サタンは、神を恐れないこの世(サタンが支配している。1ヨハネ5:19))を用いて、私たちのうちにある肉的な欲望をかき 立てて、罪を犯すように誘惑します。2)サタンは信じない世界を用いて、神の真理に反対するこの世の”知恵”で私たちをだまそうとします。3)サタンは偽クリスチャンを使って、偽のイエスを中心にした偽物の福音を信じるようにしようとして私たちをだまします。4)時には私たちまたは私たちの愛する者を病気、犯罪、迫害などで肉体的に苦しめます。 私たちは神が宇宙の主権ある支配者だと知っているので、当然、神はなぜサタンがこのように私たちを攻撃するのをお許しになるのかと質問します。

聖書は神がある程度の自由をサタンに許可されていると教えています。(ヨブ記1:12)しかしその自由には必ず限界があります。 サタンはしたいことをすべてできるわけではありません。 サタンは神の子供たちを攻撃することを選択します。(1ペテロ5:8)そしてサタンの計画はいつも邪悪です。;サタンは人殺し(ヨハネ8:44)です。 それと対照的に、サタンにある攻撃を許可されるとき、神の計画はいつも善です。; 神はその子供たちを愛しておられます。(1ヨハネ4:16)ヨセフはその人生で多くのサタンの攻撃に直面しました。しかし人生の終わりに、彼は自信をもって、一つの同じ出来事に二つの相反する目的を 見つけて言うことができました。「あなた方は、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。」(創世記50:20)

サタンのすることを神のせいにすることはできません。私たちのサタンの攻撃の受けやすさは.アダムがエデンの園でサタンのウソを信じる選択をしたときから始まりました。 サタンがヨブがその家族、富と健康を失うことを通してヨブを攻撃した時、ヨブは神を責めませんでした。ヨブ記1:21-22に注目してください。「私は裸で母の胎から出てきた。また裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主のみ名はほむべきかな。ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。」

信者がサタンの攻撃を経験するとき、ローマ書8:28の真理を信頼することができます。「神を愛する人々のためには神がすべてを働かせて益として下さることを私たちは知っています。だから、推定は、私たちは良いことも悪いことも体験しますが、〝すべてのこれらのこと“は神が働いて下さるので、最終的に良いことに貢献することになるのです。悪ではあるのですが、サタンの攻撃でさえ、〝良い”結果、究極的に神がそれらのことを用いて、私たちを御子キリストに似た者にして下さるのです。(ローマ8:29)サタンの攻撃とその他すべての艱難は、神をより愛し、サタンをより拒んで、忍耐を生じさせ、多くの方法で私たちの信仰を強める結果をもたらすことができます。 神の主権ある守りを讃えましょう。すべてを―サタンの攻撃さえ―働かせて、あなたのために良いこととして下さる神のご計画を感謝しましょう。

English
日本語のホームページに戻る
神はなぜサタンが私たちを攻撃するのをお許しになるのですか?