ダビデの契約とは何?


質問: ダビデの契約とは何?

答え:
ダビデの契約とは、2サムエル7章で預言者なタンを通して神がダビデにされた約束のことです。後に、1歴代誌17:11-14と2歴代誌6:16で要約されています。これは神とダビデの間の無条件の契約で、神は、ダビデとイスラエルにメシヤ(イエス.キリスト)はユダの部族のダビデの子孫から出て、永遠に続く王国を建てられるという約束をされました。だ浴びでの契約は無条件です。なぜなら、神はそれが成就するためには従順でなければならないという条件は何もつけておられません。 約束の保障は、神の忠実さのみに置かれて、ダビデとイスラエルの従順には全く頼っていません。

ダビデの契約は、ダビデにされたいくつかのカギとなる約束を中心にしています。まず、イスラエルにされた最初の二つの契約(アブラハムの契約)で約束された土地の約束を再確認しています。.この宅即は2サムエル7:10にあります。「わたしが私の民イスラエルのために、一つの場所を定め、民を住み着かせ、民がその所に住むなら、もはや民は恐れおののくことはない。不正な者たちも、始めのころのように重ねて民を苦しめることはない。」 それから、神はダビデの息子がイスラエルの王として後を継ぎ、この息子(ソロモン)が神殿を建てると約束されました。この約束は2サムエル7:12-13にあります。「、、わたしは、あなたの身から出る世継ぎの子をあなたの後に起こし、彼の王国を確立させる。彼はわたしの名のために、一つの家を建て、」

しかし、約束は続いて、広がります。「わたしは、その王国をとこしえまでも堅く立てる。」(2サムエル7:13)そして、「あなたの家とあなたの王国とは、わたしの前にとこしえまでも続き、あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ。」(2サムエル7:‘16)ダビデの息子が祝福されて神殿を建てるという約束で始まった契約は、違った約束に変わります。―つまり永遠の王国の約束です。ダビデのもう一人の息子が永遠に支配して永遠の家を建てるというのです。 これはメシヤ、マタイ21:9でダビデの子と呼ばれたイエス.キリストのことです。

ダビデの“家””王国“と“王座”が永遠に建てられると言う約束には重要な意味があります。なぜなら、それはメシヤがダビデの子孫から出て、そこで統治する王国を立てるということを示しているからです。この契約は、ダビデの子孫に王朝を約束して“家”ということばで要約されています。“王国”は王によって支配される民のことで、〝王座″は王の支配を強調しています。そして〝とこしえまで”は、ダビデとイスラエルに対する永遠で無条件な性質の約束を強調しています。

ダビデの契約は、ほかの箇所ではエレミヤ23:5;30:9;イザヤ9:7;11:1;ルカ1:32,69;使徒伝13:34;黙示録3:7に出てきます。

English
日本語のホームページに戻る
ダビデの契約とは何?