クリスチャン神学とは何?


質問: クリスチャン神学とは何?

答え:
神学ということばは“神”と“言葉”という意味のギリシャ語から来ています。二つの合わせると“神の研究”となります。クリスチャン神学は聖書が教えていることと、クリスチャンが信じていることの学びです。多くの信者はクリスチャン神学は分裂させるもの、避けるべきものと信じています。実際は、クリスチャン神学は統一させるものであるべきです。 みことばは真理を教えます。それで、私たちはその真理で統一しているべきなのです。もちろんクリスチャン神学には意見の相違や論争もあります。本質クリスチャン神学の本質的要素でないことで、同意しないのは自由です。同時に、クリスチャンが一致すべきことはア多くあります。 聖書的クリスチャン神学は私たちが神、救い、この世での私たちの使命などをもっとよく理解する助けになります。

ある人たちにとっては、“神学者”ということばはうす暗い部屋で、完全に現実の生活からかけ離れてたことを調べるために、埃だらけの古代の文書を読んでいる気難しい老人を想像させます。これ以上真理からかけ離れたことはありません。 2テモテ3:16-17は、聖書はすべて霊感-文字通り神の息がかかっていると教えています。だから私たちには不可欠なものです。なぜなら、それは、私たちを、何も欠けることのない、完全なものにするからです。神学者とは、宇宙の創造主と御子イエス.キリストに会い、人生の主として受け入れるために神の御顔を探し求める人のことです。そうしてその人にとって、神が願望、愛情、知識の中心になるのです。—祝福で、私たちをワクワクさせ、喪失感を感じる時は慰め、私たちの弱さを強くし、この世の人生の終わる時まで-その時顔と顔を合わせて神を見るのです。―私たちを保ってくださるのです。聖書は神の物語です。私たちが聖書を勉強すればするほど神をよりよく知るのです。.

以下はクリスチャン神学の部門です。様々な部門のクリスチャン神学について聖書が何と言っているかを理解することは霊的成長とクリスチャン生活において効果的になる鍵なのです。

純神学 —父なる神についての学び

キリスト論 — イエス.キリストの性質と働きの学び

聖霊論—聖霊の性格とその働き の学び

聖書学— 神の言葉の研究

救済論— イエス.キリストによる救いの学び

クリスチャン人類学 —人間の性質の学び

罪論—罪の性質とその影響の学び

天使論— 天使の学び

クリスチャン悪魔学 — 悪魔/悪霊の研究

教会論 —教会の性質とその使命の研究

終末論 —終わりの時の研究

English
日本語のホームページに戻る
クリスチャン神学とは何?