シオンとは何のこと?シオンの丘とは?聖書的なシオンへの理解はどんな物?




質問:パウロが肉体に与えられた一つのとげとは何だったの?

答え:
詩篇87篇2−3節には「主は、ヤコブのすべての住まいにまさって、シオンのもろもろの門を愛される。神の都よ。あなたについては、すばらしいことが語られている。」と書いてあります。聖書で約150回登場するこのシオンという言葉はもともと「要塞」という意味があります。聖書に書かれているこの言葉はダビデの町であり、神様の町なのです。聖書を読み進めていくと、「シオン」という言葉の意味が物理的な町の名前から霊的な物に変わっていくことが読み取れます。

「シオン」という言葉が最初に聖書で使われているのは第二サムエル5章7節です:「しかし、ダビデはシオンの要害を攻め取った。これが、ダビデの町である。」と書かれています。ですから、シオンとはもともとエルサレムの町の中にあったエブス人の要塞の名前だったのです。また、シオンは要塞だけではなく要塞がある町を指しても使われるようになりました。ダビデが攻め取った後に、シオンはダビデの町と呼ばれるようになりました(第一列王記8章1節;第一歴代誌11章5節;第二歴代誌5章2節)。

ソロモンがエルサレムで神殿を建てた後にはシオンという言葉は神殿や神殿付近を指しても使われるようになりました(詩篇2篇6節;48篇2節、11−12節、132篇13節)。後々シオンという言葉はエルサレム、ユダヤ地方やイスラエル人達を指す時にも使われるようになったのです(イザヤ40章9節:エレミヤ31章12節:ゼカリヤ9章13節)。

一番大切な「シオン」の用途は神学的な物です。この言葉はイスラエルを神の民として指す時にも使われました(イザヤ60章14節)。シオンの霊的意味は新約聖書にも書かれていて、神の御国や天のエルサレムを指して用いられたりしています(ヘブル12章22節:黙示録14章1節)。ペテロはキリストがシオンの礎だと書いています:「見よ。わたしはシオンに、選ばれた石、尊い礎石を置く。彼に信頼する者は、決して失望させられることがない」(第一ペテロ2章6節)。



日本語のホームページに戻る



シオンとは何のこと?シオンの丘とは?聖書的なシオンへの理解はどんな物?