聖書は心配する事について何と言っている?




質問: 聖書は心配する事について何と言っている?

答え:
クリスチャンは心配するべきでないと聖書にはっきり書いてあります。ピリピ4章6節には「何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。」という命令が書いてあります。この箇所を通して, 私達のすべての必要や思い煩いは心配する代わりに、神様に祈りをもってゆだねる必要があると学べます。イエス様も衣食住などの必要を心配してはならないと励ましてくださっています。それは天の神様が私達の必要を満たしてくださるからです(マタイ6章25−34節)。ですから、私達は何事も心配する必要はないのです。

心配事がキリスト者の生活の一部であってはならないならば、どうすれば心配する事に打ち勝つことができるのでしょうか?第一ペテロ5章7節で私達は「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」との命令を受けています。神様は私達が心配事や思い煩いなどの重荷を抱えて生きる事を望んでおられません。この箇所で神様はいっさいの思い煩いを御自身にゆだねるように命令しています。なぜ神様は私達に思い煩いをゆだねるようにと言うのでしょうか?聖書に書かれているように、神様は私達の事を心配して下さるからです。神様は私達に起こる全ての事を気にかけて下さっています。私達が抱えているどんな大きな問題でも、神様には大きすぎることはないし、どんな些細な心配事でも神様にとって小さすぎるということはないのです。私達が神様に問題をゆだねる時、神様は代わりに人の全ての考えに勝る平安を下さると約束しておられます。(ピリピ4章7節)。

もちろん、救い主なるイエスキリストを知らない人々にとって心配事や不安は生活の一部ですが、イエス様に人生を捧げた人々には、イエス様が「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(マタイ11章28−30節)。と約束して下さっています。



日本語のホームページに戻る



聖書は心配する事について何と言っている?