どうしたら、みこころにかなう祈りを確かにすることができるのですか?




質問: どうしたら、みこころにかなう祈りを確かにすることができるのですか?

答え:
人間の最高の目的は、神の栄光をたたえることであるべきです。(第1コリント10章31節)そのうちには、神のみこころにかなうように祈ることが含まれます。まず第一に、知恵をいただくように願うべきです、。「あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも、惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。」(ヤコブ1章5節)知恵を願うとき、神は恵み深く、私たちの祈りに喜んで答えてくださると信頼すべきでもあります。「ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。」(ヤコブ1章6節;マルコ11章24節もご覧ください。)それで、神のみこころにかなった祈りをするということは、(みこころが何か知るために)知恵を願う、それも信仰を(みこころを信頼して)持って願うことが含まれます。

みこころにかなう祈りをするために信者をガイドする7つの聖書からの教訓を以下に述べます。

1) 聖書が祈るようにと命令している事柄について祈る。

私たちは敵のために祈るようにとの命令があります。(マタイ5章44節)神が宣教師を送ってくださるようにとの祈りもあります。(ルカ10章2節)誘惑に陥らないようにとの祈り(マタイ26章41節)み言葉に奉仕する者のための祈り(コロサイ4章3節;第2テサロニケ3章1節) 政府の権威者たちのため。(第1テモテ2章1-3節)苦しみからの解放を願う祈り(ヤコブ5章13節)クリスチャンの同胞のいやしのため。(ヤコブ5章16節)このように、神が祈りなさいと命令しておられるところでは、みこころにかなっていると確信を持って祈ることができます。

2) 聖書に出てくる敬虔な人物たちの模範に従う。

パウロはイスラエルの救いのために祈りました。(ローマ10章1節)ダビデは罪を犯したとき、あわれみと赦しを求めて祈りました。(詩篇51篇1-2節) 初代教会は、証しをするための大胆さを求めて祈りました。(使徒4章29節)これらの祈りはみこころにかなった祈りでした。今日でも、同じような祈りは同様にみこころにかなう祈りと言えます。パウロや初代教会のしたように、私たちもいつも他の人の救いのために祈るべきです。自分自身のためには、ダビデのように、いつも自分の罪を認識し、その罪が神との関係と祈りの妨げになる前に、神の御前にもっていくべきです。

3)正しい動機で祈る。

自己中心な動機は神の祝福を受けません。「願っても受けられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で祈るからです。」(ヤコブ4章3節)また、私たちは、人に高尚なことばが聞かれるようにとか、自分がいかに霊的か人に見られるようにと思って祈ってはいけません。それよりも、個人的に隠れたところで祈るべきです。そうすると、隠れたところにおられる神が聞いてくださり、見えるところで報いてくださるからです。(マタイ6章5-6節)

4)他の人たちを赦す態度で祈る。(マルコ11章25節)

他の人に対する苦々しさ、怒り、復讐心、憎しみなどを持っていると、神に完全に従順な心で祈ることの障害になります。他のクリスチャンと自分の間に問題があるとき、ささげ物をしてはいけないと私たちは言われているように、(マタイ5章23-24節)神は、私たちが他のクリスチャンの兄弟姉妹と和解しないまま、祈りを捧げることを望んではおられないのです。

5)感謝をもって祈る。(コロサイ4章2節;ピリピ4章6-7節)

私たちの欲しいものや必要でどんなに重荷に感じていたとしても、必ず何か感謝すべきことを見つけることができます。この贖いの愛の中で、天国の約束を目前にしている人は、最も大きな苦しみにあっても、神に感謝する理由があります。

6)根気強く祈り続けること。(ルカ18章1節;第1テサロニケ5章17節)

忍耐を持って祈り、すぐに答えが与えられなくても、あきらめたり失望したりしないで、祈り続けるべきです。みこころにかなう祈りをすることの一部には、神の答えが‘はい’でも‘いいえ’でも、または、‘待て’であっても、神の裁きを受け入れ、神のみこころを信じ、従い、引き続き祈ることなのです。

7)神の御霊に信頼して祈る。これは、すばらしい真理です:「私たちはどのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。人間の心を探り窮めるかたは、御霊の思いが何かよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをして下さるからです。」(ローマ8章26-27節)祈るとき、私たちには、御霊の助けがあります。私たちが深く落ち込んだ時やひどい悲しみのとき、または、もうとても祈れないと感じるときなど、聖霊が私たちのために祈っていてくださるという慰めがあります。私たちの神は、何と驚くべきすごい神なのでしょう!

私たちが肉によってではなく、御霊によって歩むことを求めるとき、何という確信あることでしょう!そうして私たちの祈りを父なる神に提出して、神のみわざを、みこころにかなった完全なときに、聖霊が成し遂げてくださると、私たちは自信を持つことができるのです。そして、神がすべてを私たちの益とするために、すべてのことを働かせておられると知り、安心することができるのです。



日本語のホームページに戻る



どうしたら、みこころにかなう祈りを確かにすることができるのですか?