イエス様は菜食主義者だった?クリスチャンは菜食主義者になるべき?




質問: イエス様は菜食主義者だった?クリスチャンは菜食主義者になるべき?

答え:
イエス様は菜食主義者ではありませんでした。イエス様が魚や(ルカ24章42−43節)羊の肉(ルカ22章8−15節)を食べている場面が聖書に記されています。それにイエス様が菜食主義者だったなら人々に奇跡を通して多くの魚とパンを与える事はどちらかといえば不自然でしょう(マタイ14章17−21節)。またペテロが見たまぼろしの中でイエス様御自身が動物を含め全ての食べ物をきよいとおっしゃっています(使徒10章10−15節)。ノアの時代の後、神様は人類が肉を食べる事を許可し、それを後から取り消す事はしませんでした(創世記9章2−3節)。

とは言っても、クリスチャンが菜食主義者になる事にも何の問題もありません。聖書は私達が肉をたべる事を義務付けてはいませんから、肉を食べない事に何の問題もありません。聖書は私達が自分の信念を人に押し付けたり、人の食べている物を見てその人を裁く事がないようにと義務付けています。ローマ14章2−3節には「何でも食べてよいと信じている人もいますが、弱い人は野菜よりほかには食べません。 食べる人は食べない人を侮ってはいけないし、食べない人も食べる人をさばいてはいけません。神がその人を受け入れてくださったからです。」と書いてあります。

上でも述べましたが、神様は人類が肉を食べる事を許可しています(創世記9章3節)。律法ではイスラエル人たちが食べてはいけない種類の食べ物が指定されていますが(レビ11章1−47節)、肉を食べる事自体を禁止する律法はありません。イエス様は色々な種類の肉を含めた全ての食べ物をきよいを仰せられました(マルコ7章19節)。人生での全ての事でするように、キリスト者は神様に祈り、自分が何を食べるべきなのかを尋ね求めるべきでしょう。何でも、神様に感謝して食べる限りそれはきよいのです(第一テサロニケ5章18節)。「こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい」(第一コリント10章31節)。



日本語のホームページに戻る



イエス様は菜食主義者だった?クリスチャンは菜食主義者になるべき?