赦されない罪とは何ですか?




質問:赦されない罪とは何ですか?

答え:
「赦されない罪」または、「聖霊に対する冒涜」という例は、マルコ3章22−30節とマタイ12章31−32節にあります。「冒涜」ということばは、一般的に「傲慢な不遜/不敬」と定義してもよいでしょう。神をのろったり、神に関することを故意にさげすんだりするような罪に当てはめます。何か罪悪な事を神に当てはめたり、神に当てはめるべき善を否定したりすることも冒涜になります。しかし、この冒涜の場合は、マタイ12章31節で、「御霊に逆らう冒涜」という独特なものです。 この箇所では、イエスが聖霊の力で奇跡をされているという否定できない証拠を目撃したにもかかわらず、イエスは悪霊どものかしらベルゼブルに取り付かれてその力で奇跡をしたとパリサイ人たちが言いました。(マタイ12章24節)マルコ3章30節では、イエスは、彼らが何をしたから「聖霊に逆らう冒涜」の罪を犯したか、非常にはっきり説明しておられます。

それでは、この冒涜は、(自分で、または地上で)イエスを悪霊つきだと責めることと関係しています。他にも聖霊に逆らう冒涜の方法はあります。(使徒伝5章1−10節のアナニヤとサッピラの場合のように聖霊にうそをついたりして) が、イエスを責める冒涜は赦されない罪です。この特別に聖霊に逆らう赦されない罪というのは、今日繰り返すことはできません。

今日、唯一赦されない罪というのは、不信の罪、つまりイエスを信じないことです。イエスキリストを信じないで死んだ人には、罪の赦しはありません。ヨハネ3章16節は、乞う言っています。「 神は実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」誰かが赦しを得ることができない唯一の条件は、その人が「信じる者」の中に入っていないことです。イエスは言われました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、誰ひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ14章6節)救いのために

たった一つしかない方法を拒むことは自分を永遠の地獄に送ることです。なぜなら、唯一の赦しを拒むことは、明らかに赦されない罪だからです 。

多くの人たちは、神にどうしても赦されない罪を犯したのではないかと恐れて、いかなる行いをしても自分には希望がないと思っています。サタンにとって、これほどうれしいことはありません。サタンは、私たちをこのような間違った考えの下において、一生賢明、労働するようにしておきたいのです。実を言えば、このような恐れのある人は、単に神の御前に出て、そのことを告白して悔い改め、神の赦しの約束を受け取ればいいのです。 「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(第1ヨハネ1章9節)この聖句は、私たちが神の元へ悔い改めていくとき、どんなにひどい罪でも、神はいつでもどんな罪でもすぐに赦す準備をして待っておられると確信させてくれます。もしあなたがきょう、罪責の重荷で苦しんでおられるなら、神は、愛と憐れみを持って、その両手を開いてあなたが神のところへ来るのを待っておられます。神は絶対に、あなたを失望させたり、赦さなかったりされないのです。



日本語のホームページに戻る



赦されない罪とは何ですか?