異言で話すことは、聖霊を持っていることの証拠ですか?




質問: 異言で話すことは、聖霊を持っていることの証拠ですか?

答え:
T聖霊を受けたと同時に異言で話したという三つの出来事が使徒行伝に出てきます。 使徒行伝2:4、10:44−46、そして19:6です。しかしながら、異言で話すことが聖霊を受けた証拠となっているのは、聖書の中でこの3箇所だけです。使徒行伝全体を通して、何千という人々がイエスを信じていますが、異言で話すことについては何も書かれていません(使徒行伝2:4、8:5−25、16:31−34、21:20)。新約聖書のどこを探しても、異言で話すことだけが聖霊を受けたことの証拠であると教えてはいないのです。事実、新約聖書は反対のことを教えています。キリストを信じたすべての人が聖霊を持っている(ローマ8:9、Iコリント12:13、エペソ1:13−14)が、すべての信者が異言をはなすのではない(Iコリント12:29−31)と教えられています。

それでは、なぜ使徒行伝のこれら3箇所では異言で話すことが聖霊を受けた証拠だったのでしょう?使徒行伝2章には、使徒たちが聖霊のバプテスマを受け、聖霊によって福音をはっきりと語る力が与えられたことが記録されています。使徒たちはほかの言語(異言)で語ることができるようになり、それぞれの人たちのことばで真理を分かち合うことができました。使徒行伝10章には、使徒ペテロがユダヤ人以外の人たちのところに福音を伝えるために遣わされたことが書かれています。ペテロとそのほかの初期のクリスチャンたちはユダヤ人であったので、異邦人(ユダヤ人以外の人々)を教会に受け入れることはたいへんだったことでしょう。彼らが使徒たちが受けたのと同じ聖霊を受けたことをはっきり示すことができるように、神は異邦人が異言を話せるようにされたのです(使徒行伝10:47、11:17)。

使徒行伝10:44−47はこのことを説明しています。「ペテロがなおもこれらのことばを話し続けているとき、みことばに耳を傾けていたすべての人々に、聖霊がお下りになった。割礼を受けている信者で、ペテロといっしょに来たひとたちは、異邦人にも聖霊の賜物が注がれたので驚いた。彼らが異言を話し、神を賛美するのを聞いたからである。そこでペテロはこう言った。『この人たちは、私たちと同じように、聖霊を受けたのですから、いったいだれが、水をさし止めて、この人たちにバプテスマを受けさせないようにすることができましょうか。』」ペテロはのちに神が確かに異邦人を救われることの証拠としてこの出来事を回想しています(使徒行伝15:7−11)。

イエス・キリストを自分の救い主として受け入れて聖霊のバプテスマを受けるとき、すべてのクリスチャンが異言で話すように期待されているとは、どこにも示されていません。事実、新約聖書のすべての悔い改めの記事の中で、異言で話したという記録はふたつしかありません。異言は特別な目的のために特別なときに与えられる奇蹟の賜物です。異言が聖霊を受けたことの唯一の証拠であったことは一度もないのです。



日本語のホームページに戻る



異言で話すことは、聖霊を持っていることの証拠ですか?