聖書は入れ墨/体のピアースについて何と言っていますか?




質問: 聖書は入れ墨/体のピアースについて何と言っていますか?

答え:
旧約聖書の律法はイスラエル人にこう命令しています。「あなた方は死者のため、自分の体に傷をつけてはならない。また自分の身に入れ墨をしてはならない。わたしは主でアル。」(レビ記19章28節)だから、今はクリスチャンは旧約時代の律法には支配されていませんが、(ローマ10章4節;ガラテヤ3章23−25節;エペソ2章15節))入れ墨に反する命令が あったという事実をみると、そのことについて質問せざるを得なくなります。新約聖書では、信者が入れ墨をすべきかするべきでないか,何も言っていません。

入れ墨と体のピアースに関しては、ある行為が良いかどうかを決める良いテストは、正直に、正しい良心で持って、それを祝福してくださいと神にお願いできるかどうか、また神の良い目的のためにそれを用いてくださいとお願いできるかどうかです。「 あなた方は、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい。」(第1コリント10章31節)聖書は入れ墨や体のピアースをするなとの命令もしてはいませんが、神が私達に入れ墨や体にピアースをさせる理由も書いてありません。

もうひとつ考えなくてはならないのは慎ましさという問題です。聖書は、私達が慎ましい身なりをするようにと教えています。(第1テモテ2章9節) 慎ましい身なりをするということのひとつの面は服で覆うべきところはすべて充分に覆ってあるかどうか確認することです。。しかしながら、慎ましさの主な意味は、自分に人の注意を向けないということです。慎ましい身なりをしている人というのは、その身なりで人の注意を自分に向けないようにしているのです。 入れ墨や体のピアースは、断然、人の注意を引きます。 アル芋では、入れ墨や体のピアースは慎ましいとは言えません。

聖書が特に問題として取り上げていないことで、もし、そのことが神に喜ばれるかどうかという疑問がわく余地があれば、そのことはしないのが一番だというのが重要な聖書の原則です。 「なぜなら信仰から出ていないことはみな罪です。」(ローマ 14章23節)私達の体も魂と同様に贖われて、神のものとなっている事をおぼえておく必要があります。 第1コリント6章19-20節は直接、入れ墨や体のピアスに適用されませんが、私達に原則を示しています。 「あなた方の体は、あなた方のうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなた方はもはや、自分自身のものではない事を知らないのですか? あなた方は代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだを持って、神の栄光を現しなさい。」この偉大な真理は、私達がからだをもって何をするか、どこに行くかを大きく左右すべきです。もし、私達のからだが神に属しているものなら、入れ墨やピアスで、体に傷をつけるまえに、神から“明らかな”許可を得てからするべきです。



日本語のホームページに戻る



聖書は入れ墨/体のピアースについて何と言っていますか?