霊の戦いについて聖書は何と言っていますか?




質問: 霊の戦いについて聖書は何と言っていますか?

答え:
霊の戦いに関して、主な間違いが二つあります。ひとつは強調しすぎること、もうひとつは強調し過ぎないこと。.ある人たちはすべての罪と問題を悪霊のせいにして追い出さなければならないと考えます。反対にほかの人たちは、霊の領域と、聖書が私たちの戦いは霊的な力との戦いであると言っている事実をまったく無視します。 霊の戦いに勝利するかぎは聖書的なバランスを見つけることです。イエスは、時には、人から悪霊を追い出し、時には悪霊のことには触れず、人の病気を癒されました。 使徒パウロは、クリスチャンは自分のうちにある罪と戦うようにと教えています。(ローマ6章)それから、悪魔に対しても戦うようにと述べています。(エペソ6章10−18節)。

エペソ6章10−12節は、「終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また天にいるもろもろの悪霊に対するものです。」と宣言しています。この箇所はいくつか重要な真理を教えてくれます。私たちは主の力にあってのみ強くなれること、神の武具だけが私たちを守ってくれること、私たちの戦いはこの世にある悪霊の軍勢に対しての戦いであるということです。

主の力において力強い者の良い例に、み使いのかしらミカエルがいます。ユダの手紙9節で、たぶん神のみ使いの中で最も強いみ使いですが、ミカエルは自分の力でサタンをののしり責めることはしていません。彼は、「主があなたを戒めてくださるように。」と言いました。黙示録12章7−8節では、終わりの時に見返るがサタンを打ち負かすとあります。それでも、サタンとの対決に会って、ミカエルは自分の権威でではなく、神のみ名とその権威によってサタンを戒めています。 私たちクリスチャンがサタンとその悪霊たちに対して権威があるのは、ただイエスキリストとの関係を通してだけなのです。 私たちの戒めに力があるのは、ただキリストのみ名によってだけなのです。

エペソ6章13−18節は、神が与えてくださる神の武具について述べています。私たちは、真理の帯を硬く締めて立ち、正義の胸当てを着け、平和の福音を足に履き、信仰の大盾をとり、救いのかぶとをかぶり、御霊の剣であるみことばを受け、そうして霊にあって祈るべきなのです。これらの霊的武具のそれぞれの部分は、私たちの霊の戦いにおいて何を象徴しているのでしょうか?私たちはサタンのウソに対して真理を語らなければなりません。キリストの犠牲のゆえに私たちはすでに義と認められているという事実を信じなければなりません。私たちはどんなに抵抗があったとしても、福音を述べ伝えなくてはいけないのです。 どんなに激しい攻撃にあっても、信仰が、動揺してはいけません。 私たちは、最終的には、救いの確信と、どんな霊的軍勢もそれを私たちから取り上げることはできないという事実で守られているのです。 私たちの攻撃の武器は、自分の意見や感情ではなく、神のみことばでなければならないのです。イエスの見本にあるように、ある程度の霊的勝利は、祈りによってだけ可能であるということを認めて、そのお手本に従って行くべきです。

イエスこそ、霊の戦いの究極的なお手本です。荒野においてサタンの誘惑を受けられた時、イエスがサタンの直接の攻撃を、どのように扱われたかよく見てください。(マタイ4章1−11節)ひとつひとつの誘惑に対して、イエスは、「、、、と書いてある。」ということばでお答えになりました。 イエスは悪魔の偽りや惑わしに対する最も力ある武器は生ける神のおことばであることを知っておられました。イエスでさえ、悪魔に対抗するために、みことばを用いられたのなら、どうして私たちも敢えてそれ以下のことができましょう?

霊の戦いにおいて、すべきではないやり方の最高の例はスケワという人の7人の息子達です。「ところが、諸国を巡回しているユダヤ人の魔よけ祈祷師の中のある者たちも、ため死に、悪霊につかれている者に向かって主イエスの御名をとなえ、『パウロの宣べ伝えているイエスによって、お前たちに命じる』と言ってみた。そういうことをしたのは、ユダヤの祭司長スケワという人の七人の息子たちであった。すると、悪霊が答えて、『自分はイエスを知っているし、パウロもよく知っている。けれどお前たちは何者だ』と言った。そして悪霊につかれている人は、彼らに飛びかかり、二人の者を押さえつけて、みなを打ち負かした。彼らは裸にされ、傷を負ってその家を逃げ出した。」(使徒19章13−16節) 何が問題だったのでしょう?スケワの七人の息子たちは、イエスの御名を使っていました。 それだけでは十分ではなかったのです。スケワの息子たちはイエスとの関係がありませんでした。だから、彼らのことばには力もなく権威もなかったのです。 スケワの七人の息子たちは方法論に頼っていたのです。 彼らはイエスを自分の主であり救い主として信頼していませんでした。それに、霊の戦いにおいてみことばを用いていませんでした。その結果、彼らは屈辱的に打ち負かされてしまったのです。 私たちも彼らの悪い見本から学び、霊の戦いを聖書の教えに沿って戦うことができますように。

要するに、霊の戦いに勝つためのかぎとは何でしょう?まず第一に、私たちは自分の力ではなく、神の力に頼らなければなりません。二番目に、イエスの御名によって、(私たちの名ではなく)悪霊を戒めます。三番目に、私たちは神の全武具で身を固めて自分を守ります。四番め、御霊の剣である神の御言葉を使って霊の戦いをします。最後に、 私たちはサタンと悪霊に対して戦っていますが、すべての罪や、問題が、必ずしも悪霊のせいとは限らないことを覚えておかなくてはなりません。「しかし、私たちは、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。」(ローマ8章37節)



日本語のホームページに戻る



霊の戦いについて聖書は何と言っていますか?