人の魂はどのようにして創造されたのですか?




質問: 人の魂はどのようにして創造されたのですか?

答え:
人の魂の創造について、聖書的にもそれらしい論が二つあります。霊魂伝遣説というのは、魂は肉の両親から肉体と共に造られるという説です。この説を支えるのは、以下にあります。A) 創世記2章7節に、神がアダムにいのちの息を吹き込み、それで、人は「生きもの」となったとあります。聖書のどこにも神が同じことをされたという記事は出てきません。B)アダムは彼に似た、彼のかたちどおりの子を生んだとあります。(創世記5章3節). アダムの子孫は、神が息を吹き込まなくとも「生きもの」でした。 (C) 創世記2章2-3節は、神が創造のわざを停止されたと示しているようです。 (D)アダムの罪は、肉体的にも霊的にもすべての人間に影響を及ぼしました。もし、肉体も魂も両親から受け継ぐのならこれは当然です。 霊魂伝遣説の弱点は、非物質的なものが、どうやって全く肉体的な経過を通って再生されるかがはっきりしないという点です。もし肉体と魂が全く分離できないように結ばれているというのなら、霊魂伝遺説が真理だと言えます。

創造論は、人が妊娠する時、神がそのつど新しい魂を造られるという説です。。 創造論は多くの初期教会の教父たちが信じ、また聖書的な根拠もあります。まず、聖書は魂の発端と肉体の発端とを区別しています。(伝道者の書12章7節;イザヤ42章5節;ゼカリヤ12章1節;へブル12章9節). 二番目に、もし神が個々の魂をそれが必要な瞬間、創造されるのなら、魂と肉体の分離という考えは固まります。創造論の弱点は、創世記2章2-3節に、神がすでに創造のわざを休まれたとあるのに、新しい魂を創造し続けているということになると言う点です。それに、全人類が、肉体、魂、霊のすべてにおいて罪で汚染されています。神が新しい魂をそれぞれすべての人間のうちに創造されるとき、ではその魂がどうやって罪で汚染されるのでしょう?

三番目の説は、聖書的根拠がありませんが、神がすべての人の魂を一度に造られ、人間が胎に宿る瞬間にその魂を体にくっつけるのだという考えです。この説は、‘倉庫’のようなものが天国にあり、神が人の魂を付着する体ができるまでそこに保存しておられるという考えです。もちろん、この論は聖書的根拠がありませんし、たいてい、“ニューエイジ“や輪廻転生(霊魂再来説)の考えの人たちが多く信じています。

霊魂伝遺説か創造論のどちらが正しいにせよ、人間が胎に宿る前には魂は存在していなかったという点で一致します。これは、明らかに聖書の教えるところです。 人が胎に宿る瞬間に魂を創造されるのか、神が人間の生殖過程の中に魂の生殖も備えて企画されたのか、いずれにしろ、すべての人間ひとりひとりの魂の創造は、究極的には神の責任です。



日本語のホームページに戻る



人の魂はどのようにして創造されたのですか?