沈黙の祈りは聖書的でしょうか?




質問: 沈黙の祈りは聖書的でしょうか?

答え:
聖書は沈黙の祈りについて、特に記してはいないかもしれませんが、声にした祈りよりも効果がより少ないという意味ではありません。神には、私たちのことばを聴くことができるのと同様に私たちの心の思いも聞くことができるのです。(詩篇139篇23節;エレミヤ12章3節)イエスはパリサイ人が悪いことを考えているのを知っておられました。(マタイ12章24-26節;ルカ11章7節) 私たちがしたり、言ったり、考えたりすることで神から隠されているものは何もありません。神は、私たちの考えを知るのに、私たちの言うことばを知る必要のないお方です。祈りを口に出して言おうが言わまいが、神はすべての祈りを聞くことができるのです。

聖書は、ひとりで、隠れたところで祈ることについても書いています。(マタイ6章6節)自分だけで祈るとき、声を出して祈ろうが出さずに祈ろうが何の違いがあるでしょう?時には、沈黙の祈りだけが適切なときもあります。例えば、神と自分との間だけで祈ることがある場合、または目の前にいる人のために祈るときなどです。祈っているのを人に見られるのが恥ずかしいからという理由でない限り、沈黙の祈りをするのは何の悪いことではありません。

沈黙の祈りの妥当性を暗示している最良の聖句は第1テサロニケ5章17節といっていいでしょう。「絶えず祈りなさい。」絶えず祈るということは、明らかに、絶えず声を出して祈り続けるという意味ではありません。それよりも、私たちはいつも神を意識して、すべての思いを神に服従させ、(第2コリント10章5節)あらゆる状況、計画、恐れ、心配ごとをすべて神の御座に持っていくことを言っているのです。私たちが賛美や願い、感謝などの思いを神に向けるとき、絶えない祈りの部分には、声を出す祈り、ささやき、叫び、歌、そして沈黙の祈りも含まれます。



日本語のホームページに戻る



沈黙の祈りは聖書的でしょうか?