黙示録にある七つの封印と七つのラッパとは何ですか?




質問: 黙示録にある七つの封印と七つのラッパとは何ですか?

答え:
七つの封印(黙示録6:1−17、8:1−5)、七つのラッパ(黙示録8:6−21、11:15−19)、七つの鉢(黙示録16:1−21)は、終末に3つ続けて起こる一連の神からのさばきです。終末が先に進むにつれ、さばきはだんだんとひどく破壊的になって行きます。七つの封印とラッパと鉢とはお互いに関連しています。七つの封印が七つのラッパをもたらし(黙示録8:1−5)、七つのラッパが七つの鉢をもたらします(黙示録11:15−19、15:1−8)。

七つの封印の最初の4つは、黙示の4人の騎手として知られています。最初の封印は反キリストを紹介します(黙示録6:1−2)。第二の封印は大きな戦争をもたらします(黙示録6:3−4)。七つのうちの第三の封印は飢饉を起こします(黙示録6:5−6)。第四の封印は疫病とさらなる飢饉、さらなる戦争をもたらすのです(黙示録6:7−8)。

第五の封印は、終わりのときにキリストにある信仰のゆえに殉教する人々のことを語っています(黙示録6:9−11)。神は正義を求める彼らの叫びを聞かれ、神の定められたときに正義をもたらされます。その正義は、ラッパと鉢のさばきとともに第六の封印という形でもたらされるのです。第六の封印が解かれたとき、天体の異常な現象とともに、強烈な大変動と悲惨な荒廃を引き起こす破壊的な地震が起こります(黙示録6:12−14)。生き残った者たちが「私たちの上に倒れかかって、御座にある方の御顔と小羊の怒りとから、私たちをかくまってくれ。御怒りの大いなる日が来たのだ。だれがそれに耐えられよう」(黙示録6:16−17)と叫ぶのは当然です。

黙示録8:6−21に七つのラッパが説明されています。七つのラッパは、七つの封印の「内容」です(黙示録8:1−5)。最初のラッパは世界の植物の多くを焼き尽くす雹と火とを起こします(黙示録8:7)。T第二のラッパは隕石らしきものをもたらし、それが海を打って、海の生き物の多くが死にます(黙示録8:8−9)。第三のラッパは第二のラッパと似ていますが、海ではなく世界の湖と川とに影響を与えます(黙示録8:10−11)。

第四のラッパは太陽と月を暗くします(黙示録8:12)。 T第五のラッパは人類を襲い苦しめる「凶暴ないなご」の災害につながります(黙示録9:1−11)。第六のラッパは人類の三分の一を殺す凶暴な軍隊を解放します(黙示録9:12−21)。第七のラッパは、七つの神の怒りの鉢をもった七人の御使いを呼び出します(黙示録11:15−19、15:1−8)。

七つの鉢のさばきは黙示録16:1−21に説明されています。七つの鉢のさばきは第七のラッパによって呼び出されます。最初の鉢は人類に悪性のはれものを引き起こします(黙示録16:2)。第二の鉢は海に住むすべての生き物に死をもたらします(黙示録16:3)。第三の鉢は川を血に変えます(黙示録16:4−7)。第四の鉢は太陽の熱を強烈にして大いなる苦しみをもたらします(黙示録16:8−9)。第五の鉢は大いなる暗やみをもたらし、最初の鉢がもたらしたはれものをひどくします(黙示録16:10−11)。第六の鉢はユーフラテス川をからし、ハルマゲドンの戦いに備えるために反キリストの軍隊が集められます(黙示録16:12−14)。第七の鉢は破壊的な地震に続いて大きな雹をもたらします(黙示録16:15−21)。

黙示録16:5−7は神のことを「今いまし、昔います聖なる方。あなたは正しい方です。なぜならあなたは、このようなさばきをなさったからです。彼らは聖徒たちや預言者たちの血を流しましたが、あなたは、その血を彼らに飲ませました。・・・しかり。主よ。万物の支配者である神よ。あなたのさばきは真実な、正しいさばきです」と、宣言しています



日本語のホームページに戻る



黙示録にある七つの封印と七つのラッパとは何ですか?