キリスト教の贖いには、どういう意味がありますか?




質問: キリスト教の贖いには、どういう意味がありますか?

答え:
すべての人は贖いを必要としています。 私たちの生来の状態は有罪なのです。「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず」(ローマ3:23)とあるとおりです。キリストの贖いが私たちを罪から自由にし、「ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、値なしに義と認められるのです。」(ローマ3:24)

贖いの恩恵には、永遠のいのち(黙示録5:9−10)、罪の赦し(エペソ1:7)、義(ローマ5:17)、律法の呪いからの解放(ガラテヤ3:13)、神の家族への養子縁組(ガラテヤ4:5)、罪の束縛からの解放(テトス2:14、Iペテロ1:14−18)、神との平和(小お菜1:18−20)、そして聖霊の内住(Iコリント6:19−20)が含まれています。贖われるとは、赦されること、聖くされること、義と認められること、自由にされること、養子とされること、そして和解されることです。詩篇130:7−8、ルカ2:38として行伝20:28も参照してください。

贖うということばの意味は「買い取ること」です。この言い回しは特に、奴隷の自由を買うときに使われました。この言い回しをキリストの十字架の死に適用したことは、なかなか意味があります。私たちが「贖われた」なら、私たちのその前の状況は奴隷だったのです。神が私たちの自由を買い取ってくださり、私たちはもはや罪にも旧約聖書の律法にも、束縛されてはいないのです。この比喩的な「贖い」の使い方こそ、ガラテヤ3:13と4:5の教えです。

キリスト教の贖いの概念に関連しているのが、代価ということばです。イエスは、私たちが罪とその結果から解放されるために代価を支払われました(マタイ0:28、Iテモテ:6)。私たちのいのちと引き換えに、イエスは死んでくださったのです。事実、聖書は非常に明確に、贖いは「主の血をとおして」、つまり主の死によってのみ可能であることを示しています。

天国は、自分の力によらず贖われ、赦され、自由になった、元捕虜たちで満ちていることでしょう。罪の奴隷が聖徒になったのです。私たちが新しい歌を歌うのは当然です。ほふられた贖い主(黙示録5:9)のための賛美の歌です。私たちは罪の奴隷であり、永遠に神から切り離されることを宣告された者たちでした。イエスが代価を払って私たちを贖ってくださったことにより、私たちは罪の奴隷から解放され、その罪の永遠の結果から救い出されたのです。



日本語のホームページに戻る



キリスト教の贖いには、どういう意味がありますか?