神に質問することは間違っていますか?




質問: 神に質問することは間違っていますか?

答え:
問題は、私たちが神に質問して良いかどうかというよりも、むしろどのような方法で、どんな理由で神に質問するかということでしょう。神に質問すること自体は間違ったことではありません。預言者ハバククは、主のご計画のタイミングと媒介について、神に質問しました。ハバククは、彼の質問のせいで怒られたりすることなく、忍耐深い答えを与えられ、ハバクク書を主への賛美の歌で閉じています。詩篇にはたくさんの神への質問が書かれています(詩篇10篇、44篇、74篇、77篇)。これらは、神の介入と救いを節に求める、迫害された人々の叫びです。神は私たちの質問に、私たちの望むような答えをいつでもくださるわけではありませんが、これらの聖書の箇所から、神は真剣な心からの誠実な質問を喜んで受け入れてくださるとわかります。

不誠実な質問や偽善的な心から出てきた質問は別の話です。「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。」(へブル11:6)サウル王が神に背いたあと、彼の質問は答えられませんでした(Iサムエル28:6)。神が、ある出来事が起こるのをなぜ許されたかを疑問に思うのと、直接神の善を疑うのとはまったく別のことです。懸念を持つことは、神の主権を疑い、神のご性質を攻撃することとは違います。手短かに言えば、正直な質問は罪ではありません。苦々しい、信頼の無い、反抗的な心が罪なのです。神は質問に脅かされるような方ではありません。神は私たちが神との親密な交わりを楽しむようにと招いておられます。私たちが「神に質問する」とき、その質問はへりくだった霊とオープンな心から出たものでなければなりません。私たちが神に質問することはできますが、神ご自身の答えを純粋に欲しているのでなければ、答えを期待するべきではありません。神は私たちの心をご存知で、また、私たちが心から神に私たちの目を開いていただきたいと願っているかどうかも知っておられます。神に質問することがよいことか、間違っているかは私たちの心の姿勢が決定するのです。



日本語のホームページに戻る



神に質問することは間違っていますか?