聖書は高慢について何と言っている?




質問: 聖書は高慢について何と言っている?

答え:
神様が嫌っておられる高慢さ(箴言8章13節)と、達成した事に対して感じる誇りは違ったものです。独善的考え方から出てくる高ぶりは罪であり、神様を求める事の妨げになるため、神様はそれを嫌っています。詩篇10篇4節では高ぶった人達は自分に陶酔していて神様の事を考えていない事が書いてあります。「悪者は高慢を顔に表して、神を尋ね求めない。その思いは「神はいない」の一言につきる」とあります。この類の高ぶりは神様が望んでおられる謙遜さとは反対の物です。「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから」(マタイ5章3節)。「心の貧しい者」とは神様の恵みなしでは神様に来ることができない自らの霊的破産の状態を認めている人達のことです。反対に、高慢な人達は高ぶりに高ぶっていて神など必要ない、または神は自分をありのままで受け入れるべきだと要求さえしてしまうのです。

私達は聖書全体を通して高慢さの末路を学ぶ事ができます。箴言16章18ー19節には「高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ。へりくだって貧しい者とともにいるのは、高ぶる者とともにいて、分捕り物を分けるのにまさる。」書いてあります。サタンはその高慢さのゆえに天国から追い出されました(イザヤ14章12−15節)。彼は大胆にも神様の代わりに全宇宙の支配者になろうとしたのです。しかし最後の審判でサタンは地獄に送られるのです。神様をそしり神様に反抗する者の末路は破滅のみなのです(イザヤ14章22節)。

高慢さは多くの人々がイエスキリストを救い主として受け入れる事を阻んでいます。自分の罪を認め、自分の力では永遠の命を得る事ができないと認める事は, 高慢な人達にとって, 常につまずきの石となっています。私達は高ぶってはならないのです。私達は神様の栄光を誇りとするべきです。神様の働きにおいては、私達が自分について言うことには、何の意味もありません。神様が私達についてどう言われるかが大事なのです(第二コリント10章13節)。

高慢さはなぜ罪なのでしょうか?それは神様が成し遂げられた事を自分の手柄としてしまうからです。高慢さとは神様だけのものである栄光を奪い、自分の物としてしまう事なのです。簡単に言えば、高慢さとは自分を礼拝する事なのです。私達がこの地上で成し遂げる事は何でも神様が下さる力や養いなしでは不可能なものです。「いったいだれが、あなたをすぐれた者と認めるのですか。あなたには、何か、もらったものではないものがあるのですか。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか」(第一コリント4章7節)。だから私達は神様に栄光を帰するのです、それは神様のみが栄光を受けるにふさわしい方だからです。



日本語のホームページに戻る



聖書は高慢について何と言っている?