後千年王国主義とは何ですか?




質問: 後千年王国主義とは何ですか?

答え:
後千年主義というのは、黙示録20章の解釈でキリストの再臨が、“千年王国”つまり、キリスト教の繁栄と権勢の黄金時代のあとに来るとします。この用語は、いくつかの終わりの時に関する見解を含み、前千年王国主義(キリストの再臨は千年王国の始まる前にあり、その王国は文字通り、千年間続くという見解)と相違しています。それから、無千年王国主義(文字通りの千年王国はない)ともある程度は相違しています。

後千年王国主義は、キリストがある期間、再臨されるが、必ずしも文字通りの千年ではないという考えです。この見解の人たちは、まだ成就していない預言を解釈するのに、通常な文字通りの解釈法を用いません。彼らは、黙示録20章4−6節は文字通り取るべきではないとします。「千年」というのは、単に、「長い期間」という意味だとします。さらに「後千年王国」の接頭辞の“後”は、クリスチャン(キリストではなく)がこの地上に王国を立て上げた後にキリストが戻って来られるという考えを意味します。

後千年王国主義を信じる人は、この世はますます良くなってきて―すべての証拠からするとそれどころか反対になっているのにもかかわらず―全世界がいずれはキリスト教化されるだろうと信じています。そうなった後にキリストが戻ってこられるというのです。しかしながら、これは聖書が提供している終わりの時の世界状況ではありません。黙示録を見ると、未来のその頃になると、世界はひどい所になっているということはよくわかります。また第2テモテ3章1−7節で、パウロは終わりの日のことを「困難な時代」と述べています。

後千年王国主義を唱える人たちは、成就していない預言の解釈に文字通りではない解釈法、つまり単語に自分たちだけの意味を持たせる方法を用います。このやり方の問題は、あることばに通常の意味ではない意味をもたせて使うようにすると、ことば、用語、または文章の意味を自分が好きなように解釈できるようになるということです。単語の意味に関するすべての客観性はなくなってしまいます。ことばがその意味をなくすと、コミュニケーションがなくなります。しかし神は言語とその伝達をそのようにしようとは思われませんでした。神は書かれたみことばを通し、客観的な意味を持つことばで 、私たちに伝えてくださいます。それは考えやアイデイアが伝達されるためです。

通常の文字通りの聖書解釈は、後千年王国主義を否定し、成就していない預言も含むすべての聖書の解釈は通常の文字通りの解釈法でするべきだとします。聖書には、預言が成就した例が何百とあります。例えば、旧約聖書のキリストに関する預言をみてみましょう。これらの預言は文字通り成就しました。キリストの処女降誕を考えてみてください。(イザヤ書7章14節;マタイ1章23節)わたしたちの罪のためのキリストの死をみてください。(イザヤ書53章4−9節;第1ペテロ2章24節)これらの預言は文字通り成就しました。これだけで、未来にも神がみことばを文字通り成就されると信じる充分な理由となります。後千年王国主義は聖書の預言を主観的に解釈し、千年王国はキリスト御自身ではなく、教会によって建てられるとするところで失敗しています。



日本語のホームページに戻る



後千年王国主義とは何ですか?