聖書の中で、なぜ神は二重結婚/一夫多妻を許されたのですか?




質問:聖書の中で、なぜ神は二重結婚/一夫多妻を許されたのですか?

答え:
一夫多妻/二重結婚の疑問は興味深い質問です。今日の見解では、ほとんどの人が不道徳だと見ているのに、聖書のどこにも明らかにそれは罪だと定めていないのです。聖書で最初の二重結婚の例は、創世記4:19のレメクです。「レメクは二人の妻をめとった。」旧約聖書の多くの有名な人は重婚者でした。アブラハム、ヤコブ、ダビデ、ソロモンなど他にも多くの人が数人の妻を持っていました。第2サムエル12:8で,預言者ナタンを通して、神はダビデに言われました。もしダビデの妻やそばめたちの数が充分でなかったなら、もっと多くの妻やそばめたちを与えたであろう、と。第1列王記11:3によると、ソロモンは妻700人とそばめ300人を持っていました。旧約聖書にでてくるこれらの重婚の例を私たちはどう取り扱うべきなのでしょう? 三つの質問に答えが必要です。(1)旧約聖書ではなぜ神は重婚を許されたか?(2)今日、神は重婚についてどう見ておられるか? (3)なぜ変わったか?

(1)旧約聖書では、なぜ神は重婚を許されたか? 聖書はなぜ神が重婚を許されたか特に記録していません。このことに対する神の沈黙を思うとき、カギとなる いくつかの要素を考慮する必要があります。第一に、男性よりも女性の人口のほうがいつも多かったこと。 現在の統計を見ると、世界の人口の約50.5% が女性で、男性は49.5%です。古代にも同じ率だったとして、それを何百万人かで掛けると 、数千人以上も女性が男性よりも多いことになります。二番目に、古代の戦いは、多くの死者を出して、特に残虐この上ないものでした。 その結果、女性の数は男性のよりも、さらにもっと多いことになったでしょう。三番目に、家長制度の社会のせいで、未婚の女性が生きて行くのに必要なものを供給するのはほとんど不可能でした。しばしば女性は無教育で、訓練も受けていませんでした。女性は、供給と守護のために父親や、兄弟、夫に頼らなければなりませんでした。未婚の女性はしばしば、売春婦と奴隷になるほかなかったのです。女性と男性の人口の大きな違いは、非常に多くの女性を喜ばしくない状況に至らせたことでしょう。

それで、神は、重婚以外夫を見つけることができない女性を守り、彼女に供給するために重婚を許されたようです。男性は数人の女性を妻にして、彼女たちのための供給者、守護者となるためでした。断然、理想的ではないにしろ、重婚者の家で暮らすことは、他の道、つまり売春、奴隷、または飢餓よりは、はるかに良いことでした。保護と供給という要素に加えて、重婚は、神の命令、「生めよ、増えよ。地に群がり、地に増えよ」(創世記9:7)を成就して、人類の人口拡大を急速にすることができたのです。 男性は同時に複数の女性を妊娠させることができるので、ひとりの男性が一年に一度ひとりずつ子供を作るよりも、はるかに早く人類が増えることになります。

(2)神は今日では重婚をどのように見ておられるのでしょう?神は重婚を許されながらも、一夫一妻こそが結婚に関する神の理想的計画に最も一致すると聖書は示しています。もともと神は、ひとりの男性がひとりの女性と結婚するように意図されました。「それゆえ男はその父母を離れ、妻(複数の妻ではなく)と結び合い、二人は一体となるのである。」(創世記2:24)創世記2:24は、何人の人物が関係しているかではなく、結婚とは何かを述べているのですが、単数形の単語の用途には注目すべきです。申命記17:14-20で、神は王たちに妻を(または馬や黄金を)増やすべきではないと言われました。

これは王は一夫一妻でなくてはならないという命令だとは解釈できないのですが、多くの妻を持つことは問題のもとだと宣言しておられると理解することもできます。このことは、ソロモンの人生を見れば明らかです。(第1列王記11:3-4)

新約聖書では、第1テモテ3:2と12節、テトス1:6で霊的な指導者たちの条件の一つとして、「ひとりの妻の夫」というのがでてきます。この条件は特にどういう意味かという点で論争があります。

このことばは、文字通り「ひとりの女の男」と訳すことができます。これが特に、重婚のことを言っているのかどうか不明ですが、どう考えても、重婚者を「ひとりの女の男」とはいえないでしょう。これらの条件は、霊的リーダーとしての役に特定しているのですが、クリスチャンにも同じように当てはめるべきです。 すべてのクリスチャンも、「非難されるところがなく、、、自分を制し、慎しみ深く、品位があり、良くもてなし、教える能力があり、酒飲みでなく、暴力をふるわず、温和で、争わず、金銭に無欲で」(第1テモテ3:2-4)あるべきではないでしょうか?もし私たちが聖であるように召されたのなら、(第1ペテロ1:16)、そしてこれらの水準が監督や執事にとって聖であるのなら、すべてのクリスチャンにとっても聖なのです。

エペソ5:22-33は夫と妻の関係について語っています。夫(単数)について述べるとき、いつも妻(単数 )のことも述べています。「なぜなら、、、、夫は妻(単数)のかしらであるからです。、、自分の妻(単数)を愛する者は自分を愛しているのです。、、、それゆえ、人は父と母を離れ、その妻(単数)と結ばれ、二人は一体となる。、、、あなた方も、おのおの自分の妻(単数)を自分と同様に愛しなさい。妻(単数)もまた自分の夫(単数)を敬いなさい。」コロサイ3:18-19はこの箇所といくらか相似した箇所なのですが、夫と妻を複数で表しています。パウロは、コロサイの信者たちの中のすべての夫たちと妻たちに向けて言っているのであって、夫が複数の妻を持っていると言ってはいないことは明らかです。それと比較して、エペソ5:22-23は、特に夫婦関係を述べています。もし、重婚が許されるのなら、キリストとそのからだ(教会)そして夫と妻の関係のたとえはすべて意味がなくなってっしまいます。

(3)どうして変わったのでしょう?神が以前は許しておられたことをもう許されなくなったというよりも、神のもともとの計画とおりに結婚を修復されたということなのです。アダムとエバにまでさかのぼっても、重婚は初めから神の計画ではなかったのです。 神は問題解決のために重婚を許されたようですが、重婚は神の理想ではなかったのです。たいていの現代社会においては、重婚の必要はまったくありません。今日のほとんどの文化では、女性は自給し、自己防衛もできるようになり、重婚の唯一の「肯定的」理由も取り除かれました。さらに、たいていの近代国家は、重婚を法律違反としています。ローマ13:1-7によると、私たちは、政府の法律に従わなくてはなりません。聖書が従わないことを許可している唯一の場合は、法律が神の命令に反しているときだけです。(使徒伝5:29)神は重婚を許されているだけで、命じておられるわけではないので、重婚を禁止している法律に従うべきなのです。

今日でも重婚が許されていい場合があるでしょうか?多分。しかし、それ以外解決法がないということはまったく計りがたいことです。結婚の「一体」になるということ、結婚において一体になり、和を保つ必要性、重婚の本当の必要性の欠如などのせいで、重婚は神をたたえるものではなく、結婚の神のもともとの計画ではないと私たちは確信します。



日本語のホームページに戻る



聖書の中で、なぜ神は二重結婚/一夫多妻を許されたのですか?