子どもたちがその親の犯した罪のために罰を受けますか?




質問: 子どもたちがその親の犯した罪のために罰を受けますか?

答え:
子どもが親の犯した罪のために罰を受けることはありません。また親が子どもの罪で罰されることもありません。私たち一人ひとりに各自の罪のために責任があるのです。 エゼキエル18章20節に 「罪を犯した者はその者が死に、子は父の咎について負いめがなく、父も子の咎について負い目めがない。」とあります。この節は、罪を犯した人の罰はその人が受けなければならないことを明らかに示しています。

聖書が世代を超えて罪の罰を受けなければならないと教えていると、ある人たちが信じるようになった聖句があります。しかし、その解釈は間違っています。問題の聖句とは出エジプト記20章5節ですが、これは偶像に関することで、「それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、私を憎む者には父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、」とあります。この聖句は、罰についてではなく、その罪の結果の事を言っているのです。つまり人の罪の結果が何世代も後にも影響を及ぼすと言ってるのです。神は、親たちの不従順と神に対する憎しみの自然の結果として、親の罪の衝撃を子達も感じるだろうとイスラエル人に言われたのです。そのような環境の中で育った子どもたちは同じように偶像礼拝に走るでしょう。そうして不従順というすでに親の代からの生活パターンを繰り返すことになるのです。不従順な世代の影響というものは、悪を非常に深く植えつけたので、それを逆転させるのには数世代かかりました。神は、私たちに親の罪の責任は負わせられませんが、私たちは、時には親の犯した罪の結果で、苦しむことがあります。出エジプト記20章5節がそのことを表わしています。

エゼキエル18章20節が示すように、私たちは各自が自分の罪の責任を問われます。そしてそのために罰を受けなければなりません。他の人と自分の罪の責任を分かち合うことはできませんし、罪の責任を他の人に負ってもらうこともできません。しかしながら、この規則には、一つだけ例外があります。そしてそれはすべての人に適用できるのです。 ひとりの人が他の人の罪を背負って、その罪の罰を受けました。それは罪人が神のみ前で、完全に義となり、潔白になるためでした。 その人はイエスキリストです。神はイエスをこの世に遣わし、イエスの完全さを私たちの罪と交換されたのです。「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちがこの方にあって、神の義となるためです。」(第2コリント5章21節) イエスキリストは、信仰をもってキリストの元へ行く人のためには、罪の罰を取り去ってくださいます。



日本語のホームページに戻る



子どもたちがその親の犯した罪のために罰を受けますか?