開放神論とは何ですか?




質問: 開放神論とは何ですか?

答え:
「開放神学」「神の開放性」とも呼ばれる「開放神論」は、人間の自由意志との関係において、神さまが前もって何でも知っておられることを説明しようとした試みのことです。開放神論の議論は基本的に次のようなものです。人類は、本当に自由である。もしも神さまが将来を全部ご存知なら、人類は本当に自由ではありえないはずだ。だから、神さまは将来について絶対的にすべてを知っておられうのではない、というものです。開放神論は、将来は知りえないという立場です。だから、神さまは知りうるすべてのことを知っているが将来は知らないというのです。

開放神論はこれらの信条を、神さまが「思い直される」「驚かれる」「知識をえたように思われる」と言われている箇所を基にしています(創世記6:6、22:12、出エジプト32:14、ヨナ3:10)。たくさんのほかの聖書箇所に、神さまの将来についての知識を述べていることと照らし合わせれば、さっきのような箇所は神さまがご自身のことを、私たちに理解できる方法で説明しておられるのだと理解しなければなりません。神さまは私たちの行動と決定がどのようなものになるのかご存知ですが、私たちの行動に基づいたご自身の行動に関して「思い直される」のです。神さまが人類のよこしまさに驚き、がっかりされたというのは、そのことが起こることを知らなかったということを意味しません。

開放神論に真っ向から反して、詩篇139編4節と16節はこう述べています。「ことばが私の舌にのぼる前に、なんと主よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。・・・あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。」もし神さまが将来のことをご存知でないなら、どのようにして旧約聖書でイエス・キリストに関する複雑な詳細を預言できたのでしょう?もし、将来何が起こるか神さまがご存知でないなら、どのようにして私たちの永遠の救いを保証できたのでしょう?

究極的に、開放神論は説明できないもの――神さまがあらかじめすべてのことを知っておられるということと、人類の自由意志との関係――を説明しようとしたことが失敗でした。. ちょうど過激なカルヴァン主義が人間をプログラムされたロボットとかわらないものにしてしまって失敗したと同じように、開放神論は神さまの本当の全知と主権を拒否することで失敗しています。「信仰がなくては神に喜ばれることはできません」(へブル11:6a)から、神さまを理解するには信仰によらなければならないのです。従って、開放神論は聖書に基づいていません。これは単に有限な人間が無限の神さまを理解しようとするもうひとつの方法にすぎません。海の水を飲み干して空にしようとすることと同じです。キリストに従う人たちは、開放神論を拒否しなければなりません。開放神論は神さまが前もってすべてをご存知だということと人間の自由意志の関係を説明するものですが、その説明は聖書的なものではないのです。



日本語のホームページに戻る



開放神論とは何ですか?