一度救われたら、ずっと救われていますか?




質問: 一度救われたら、ずっと救われていますか?

答え:
人は一度救われたら、いつまでも救われていますか?キリストを救い主として知るようになるとと、その人は神との関係に 入れられて、その救いは永遠に安全です。聖書の数箇所でこの事実をはっきり宣言しています。

(a) ローマ書8章30節では、「神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。」と宣言しています。 この節は、神が私たちを選ばれたその瞬間に、天国で神のみ前に出て、すでに栄光が与えられたと同様ようであるということを言っています。 神が天国に行くようにされたので、信者が、ある日栄光を受けることをじゃまするものは何一つないのです。 一度、義と認められたら、その救いは保障されています。それは、すでに天国で栄光を受けたかのように安全なのです。

(b) ローマ8章33−34節でパウロは重要な2つの質問をしています。「神に選ばれた人々を訴えるのは誰ですか?神が義と認めてくださるのです。罪に定めようとするのは誰ですか?死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト.イエスが、神の右の座に着き、私達のためにとりなしていて下さるのです。」 神に選ばれた人々を誰が訴えるのですか? 誰も訴えません。なぜなら、キリストが弁護してくださるから。誰が私達を罪と定めるのですか? 誰も定めません。なぜなら、罪に定めるのはキリスト、私達のために死んでくださった方であるから。私達の救い主は、弁護士でもあり裁判官でもあるのです。

(c) 信者は信じたそのとき、生まれ変わって(新生して)いるのです。(ヨハネ3章3節;テトス3章5節)クリスチャンが救いを失うとしたら、その人が新生していないというこでなくてはなりません。 聖書の中では、新生した新しいいのちが 取り上げられることもあるという証拠はひとつもありません。

(d) 聖霊がすべてのクリスチャンの中に宿り、(ヨハネ14章17節;ローマ8章9節)聖霊のバプテズマによってすべてのクリスチャンをキリストの体に入れるのです。(第1コリント12章13節) 信者が救われていなくなるためには、聖霊が宿らなくなり、キリストの体から離脱されなくてはなりません。

(e) ヨハネ3章15節では、誰でもイエス.キリストを信じる者は‘永遠のいのち’を持つといっています。もし、今日、キリストを信じて永遠のいのちを持ったとしても、明日それを失うのであったら、それはまったく‘永遠’のいのちではなかったということになります。だから、もし救いを失うのなら、聖書の永遠のいのちの約束は間違いであったということになります。

(f) もっとも決定的な議論は聖書が一番上手に述べていると思います。「私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも深さも、そのほかのどんな被造物も、私達の主キリスト.イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。」(ローマ8章38−39節)あなたを救ってくださった神が、あなたの救いを保って下さる同じ神であることを忘れないで下さい。 私達は一度救われたら、ずっと救われているのです。私たちの救いは断然、永遠に安全です。



日本語のホームページに戻る



一度救われたら、ずっと救われていますか?