クリスチャンがノンクリスチャンとデートしたり結婚したりしても良いですか?




質問: クリスチャンがノンクリスチャンとデートしたり結婚したりしても良いですか?

答え:
IIコリント6:14は「不信者と、つり合わぬくびきをいっしょにつけてはいけません。正義と不法とに、どんなつながりがあるでしょう。光と暗やみとに、どんな交わりがあるでしょう」と宣言しています。この箇所は、結婚について特に言及しているわけではありませんが、確かに結婚に適用できます。さらに進んで、この箇所では「キリストとべリアルとに、何の調和があるでしょう。信者と不信者とに、何のかかわりがあるでしょう。神の宮と偶像とに、何の一致があるでしょう。私たちは生ける神の宮なのです。神はこう言われました。『わたしは彼らの間に住み、また歩む。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。それゆえ、彼らの中から出て行き、彼らと分離せよ、と主は言われる。汚れたものに触れないようにせよ。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ』(IIコリント6:15−17)と言っています。

聖書はさらに「思い違いをしてはいけません。友達が悪ければ、良い習慣がそこなわれます」(Iコリント15:33)とも言っています。未信者と親密な人間関係を持つことが、素早く簡単にあなたのキリストとの歩みの妨げになるようなことになりうるのです。私たちは、失われた人々に福音を伝えるために召されたのであって、彼らと親密になるように召されたのではありません。未信者と良い友情を築くことには何も問題はありません。しかし、そこまでであるべきです。もし、あなたが未信者とデートしているとしたら、正直言ってあなたのプライオリティーはどうなりますか?その人と良い仲になることですか、それともその人の魂をキリストのために勝ち取ることですか?もし未信者と結婚しているなら、結婚生活の中でどうやってふたりで霊的な親密さを養っていくのですか?もしもふたりが主イエス・キリストという、宇宙で一番重要なことについて一致していないなら、どのようにして良い結婚関係を築くことができるでしょうか?



日本語のホームページに戻る



クリスチャンがノンクリスチャンとデートしたり結婚したりしても良いですか?