結婚を長続きさせる秘訣は何ですか?




質問: 結婚を長続きさせる秘訣は何ですか?

答え:
使徒パウロは、妻は夫が生きている限り彼に「結ばれている」と言います。「夫のある女は、夫が生きている間は、律法によって夫に結ばれています。しかし、夫が死ねば、夫に関する律法から解放されます。」(ローマ7:2)ここから引き出せる原則は、誰かが死ななければ結婚の契りは終わらないということです。これが神さまの見解ですが、あまりにも多くの場合、 これは今日の結婚の現実には関係がありません。私たちの現代社会では、結婚は51%以上が離婚に終わるのです。ということは、「死がふたりを分かつまで」という誓いをしたカップルの半分以上がその地点まで続かないということです。

そこで、質問は、結婚したカップルが「死がふたりを分かつまで」結婚関係を保持するためには何ができるかということになります。最初で、最も大切なことは、神さまと神さまのことばに従うことです。この原則は、男性と女性がまだ仲良くなる前、結婚前の人生において実行していなければならないものです。神さまは言われます。「ふたりの者は、仲がよくないのに、一緒に歩くだろうか。」(アモス3:3)新生した信者にとって、このことは同じように信者である人でなければ、親密な人間関係を始めないということを意味します。「不信者と、つり合わぬくびきをいっしょにつけてはいけません。正義と不法とに、どんなつながりがあるでしょう。光と暗やみとに、どんな交わりがあるでしょう。」(IIコリント6:14)もし、この原則に従っているなら、のちのちの結婚生活でたくさんの心痛や苦しみに会わないですみます。

結婚生活を長続きさせるためのもうひとつの原則は、夫が神さまに従い、自分の妻を自分のからだのように愛し、敬い、守ることです(エペソ5:25−31)。その裏側は、妻が神さまに従い「主に従うように」自分の夫に従うことです(エペソ5:22)。ひとりの男性とひとりの女性との間の結婚は、キリストと教会との関係を表す霊的な描写です。キリストは教会のためにご自身を与え、教会をご自分の「花嫁」として愛し、尊敬し、守られます(黙示録19:7−9)。

最初の結婚で神さまがアダムのところにエバを連れて来られたとき、彼女は彼の「肉と骨」(創世記2:21)から造られ、彼らは「一体」(創世記2:23−24)となったのです。これは私たちの現代社会では忘れられた概念です。一体となるというのは、ただ肉体的に結ばれることだけを意味しているのではありません。心と魂がひとつとなることを意味します。この関係は、性的、感情的に惹かれあうことをはるかに超えて、双方が神さまとお互いに自分を捧げることによってのみ可能な、霊的に「ひとつとなる」領域にまで入っていくのです。この関係は、「私」や「私の」ではなく、「私たち」と「私たちの」から成り立ちます。これは、長く続く結婚生活の秘訣のひとつです。死がふたりを分かつまで結婚生活を長続きさせることは、お互いが優先しなければならないことです。神さまとの垂直の関係を堅固にすることが、夫と妻との水平の関係を長続きさせ、同時に主に栄光を帰することを保障するために大いに役立つのです。



日本語のホームページに戻る



結婚を長続きさせる秘訣は何ですか?