私たちは伴侶を自分で積極的に探すべきですか?それとも、神がつれてきてくださるのを待つべきですか?




質問:私たちは伴侶を自分で積極的に探すべきですか?それとも、神がつれてきてくださるのを待つべきですか?

答え:
この二つの質問の答えは両方とも、はい、です。この二つの間には重要なバランスがあります。. 私たちは、あたかも自分の努力だけにかかっているかのように、狂ったように伴侶を探してはいけません。かと言って、神がある日、伴侶を自分の戸口に連れてきてくださると思って、受身でいるべきでもありません。クリスチャンとして、伴侶を探す時だと一度決めたら、まずその過程を祈りで始めるべきです。人生を神のみこころに任せることが第一歩です。「主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。」(詩篇37:4)主を喜びとするとは、主を知ることを喜びとし、それに主も私たちを喜んでくださると信頼することです。 神は神の願いを私たちの心に入れてくださいます。伴侶を探すという過程において、それは、私たちにどのようなタイプの伴侶、私たちをさらに喜ばせる人で神がすでに知っておられるどの伴侶を持ってほしいかという神の願いを喜ぶという意味なのです。箴言3章6節は、「あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」と言っています。伴侶を探す上で、神を認めるという意味は、神の主権的みこころに従い、何でも神が決められることが自分の最善であり、それを自分は願うというと神に言うことです。

みこころに従うと決めた後、神を敬う夫、または妻の特徴は何かを明らかにしておくべきです。そして霊的なレベルでそういう資格のある人を探すべきです。まずこれらの特質 が何か明確に理解することは重要です。それからその特質に合った人を探すのです。誰かと「恋に陥った」後、彼/彼女が霊的に自分の伴侶としての資格がないことを発見するのは、心痛を招き、自分を非常に困難な立場におくことになります。

私たちが探すべき人について聖書が何と言っているか知ったら、積極的に伴侶を探し始めることができます。私たちが探す過程において、神が彼/彼女を、神の完全なみこころと神のときに従って、私たちの人生に送ってくださることを理解して探すのです。祈っていれば、神は私たちを神が私たちのためにと決めておられる人の 所に導いてくださいます。私たちが神の時(タイミング)を待つとき、神は、私たちの背景、人柄、願いに一番合う人を与えてくださいます。 神と神のタイミングを(それが自分のタイミングでない時でさえ)信頼しなければなりません。(箴言3:5)  神は、時にはある人々をまったく結婚しないように召されることもあります。(第1コリント7章)しかし、そのような状況の場合は、神は、結婚願望を取り除くことで、そのことを明確にされます。神のタイミングは完璧です。信仰と忍耐によって、私たちは神の約束のものを受けるのです。(ヘブル書6:12)



日本語のホームページに戻る



私たちは伴侶を自分で積極的に探すべきですか?それとも、神がつれてきてくださるのを待つべきですか?