地獄では違った度合いの罰があるのですか?




質問: 地獄では違った度合いの罰があるのですか?

答え:
地獄で違った度合いの罰があるという考えは、主に、ダンテが1308−1321年の間に書いた「神の喜劇」から来ているようです。その中で、ローマの詩人ウエルギリウスがダンテを地獄の九つの円を通って導いています。その円は同心円で、悪が徐々に増して行き、地球の中心で最高点に達することを表わしています。そこにはサタンがとらわれています。各円の中にいる罪人たちはその罪に適したかたちの罰を受けます。罪人は犯した主な罪によって永遠に苦しめられます。ダンテによれば、洗礼を受けていないけれど道徳的な偶像信者のいる最初の円から始まって、地獄のど真ん中、そこは究極的罪、つまり神に対する背信行為を犯した者のための円までの範囲があります。

聖書はそうだと特に述べてはいませんが、地獄の罰には度合いがあるように暗示しています。黙示録20章11−15節では、人々が「これらの書物に書き記されているところに 従って、自分の行いに応じてさばかれた。」(黙示録20章12節)とあります。しかし、結局このさばきでは、すべての人が火の池に投げ込まれます。(黙示録20章13−15節)だから、多分さばきの目的は地獄での罰の厳しさの程度を決めるためなのでしょう。 いずれにしろ、ほんの少しだけそれほど熱くない火の池の部分に投げ込まれる事は、永遠にそこに入れられる運命の人たちにとっては、何の慰めにもなりません。どの程度の罰にしろ、地獄は何としても行くのを避けるべき場所だということは明らかです。

残念ながら、聖書は、たいていの人が地獄に行ってしまうと述べています。「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこからはいって行く者が多いのです。いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見出す者はまれです。」(マタイ7章13−14節) 誰もが問うべき質問は、「自分はどっちの道を歩んでいるか?」です。広い道を行く多くの者たちには共通のことが一つあります。 みなイエスキリストを唯一、天国へ行く道だということを拒んでいることです。イエスは言われました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ14章6節)イエスこそが唯一の道だと言われたとき、イエスは本当にその意味で言われたのです。イエスキリスト以外の他の「道」について行く人はだれでも 滅びに至る広い道を歩いているのです。そして、地獄に罰の度合いがあろうがあるまいが、地獄の苦しみは、永遠で、恐ろしく避けることもできないものなのです。



日本語のホームページに戻る



地獄では違った度合いの罰があるのですか?