離れ、結び合うとはどういう意味ですか?




質問: 離れ、結び合うとはどういう意味ですか?

答え:
「それゆえ男はその父母を離れ、妻と結び合い、二人は一体となるのである。」(創世記2章24節)父母を離れて、妻と結び合うとはどういう意味でしょう?

創世記2章に記録されているように、神はまずアダムを造られました。それからエバでした。神ご自身がエバをアダムのところへ連れて来られました。神ご自身が二人が結婚することを定められたのです。 神は二人は一体になると言われました。 これが結婚の親密さの絵なのです。つまり、ほかの誰をも交えない二人だけの愛の行為です。「結び合う」と言うのは、「付着、粘着する」という意味で、堅く結び付くことです。それは、二人が独特に結び付いてひとつの存在となることです。物事がうまく運ばなくなっても止めてしまわないという意味です。それには、互いに話し合い、祈り合って、神が二人の心に働いて下さると信頼して、忍耐深く待つこと、自分が悪かった時にはそれを認めて誤ること、 赦しを乞うこと、常にみ言葉から神の助言を求めることなどが含まれます。

二人のうちどちらかが、父母を離れて、伴侶と結び合うことをしなかったら、結婚に問題が生じます。もし、二人が本当に両親から離れることを拒むなら、結果的に対立やストレスが起こります。両親を離れるというのは、親を無視したり、親との時間を持ったりしないという意味ではありません。父母を離れるというのは、結婚によって新しい家族ができたことを認識し、この新しい家族があなたにとって、前の家族よりも優先順位が高くなければならないことを認識するという意味です。もし夫婦が互いに結び合うことをおろそかにすれば、その結果、親密さと一致がなくなります。伴侶と堅く結び付くというのは、相手のもとをかた時も離れず、結婚以外に意味ある友人関係を誰とも持たないという意味ではありません。二人で結び合うというのは、互いに二人は結びついている、要するに、伴侶と「糊でくっついている」と認識するという意味です。結び合うことは、困難なときを乗り越え、神が意図されたとおりの美しい関係である結婚を築き上げる鍵となります。

「離れて結び付く」という結婚の絆は、私たちが神と持つようにと、神が願っておられる結合の絵でもあります。「あなた方の神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、み声に聞き従い、主に仕え、主にすがらなければ(結び付かなければ)ならない。」(申命記13章4節)つまり、私たちはすべてのほかの神々―それがどんな形をとるにせよ−を離れ、神のみをわれわれの神として、結び付くという意味です。私たちの上にある権威として神に従うのです。そして、神と親しく歩み従っていく時、伴侶と結び合うために父母を離れなさいという命令は、神の意図されたとおり、コミットメントと保護を発見することだとわかるのです。神は結婚の設計を真剣に考えられました。離れて結び合うのは、結婚する人たちのための神の計画です。神のご計画に従うとき、私たちは決して失望させられることがないのです。



日本語のホームページに戻る



離れ、結び合うとはどういう意味ですか?