イスラム教とは?回教徒は何を信じているのですか?




質問:イスラム教とは?回教徒は何を信じているのですか?

答え:
イスラム教は、紀元7世紀の初めに、モハメッドという人によって始まりました。モハメッドはみ使いガブリエルの訪問に会ったと主張しました。み使いの訪問は、モハメッドの死まで、約23年間にわたって続いたといいます。み使いは、その話によれば、モハメッドに神(回教徒にはアラブ語で”アラー”と呼ばれる)のことばを啓示したそうです。これらの書き取られた啓示がイスラム教の聖典コーランになりました。イスラム教は、コーランは最終的な権威があり、最後のアラーの啓示だと教えます。

イスラム教の信者はコーランが先在し、完全なアラーのことばだと信じています。さらに、多くの回教徒が外国語版のコーランを否定します。アラブ語で存在するコーランだけで、その翻訳は正当な聖典と認めません。コーランが主な聖典ですが、スンナは宗教的教えの二番目の源だと思われています。スンナは、モハメッドの仲間たちがモハメッドの言行をモハメッドの許可を得て記したものです。

イスラム教の鍵となる信条は、アラーこそ唯一まことの神で、モハメッドはアラーの預言者であるということです。単にこの信条を述べるだけで、イスラム教に回心することができます。回教徒(モスリム)とは、”アラーに従う人”という意味です。イスラム教は、他のすべての 宗教(ユダヤ教もキリスト教も含めて)がその起源となった宗教だというのです。

回教徒はその生活を5本の柱を基礎とします。

1. 信仰の証し:”神(アラー)のほかに真の神はいない。そしてモハメッドは神の使者(預言者)である。“
2. 祈り:毎日5回祈りをしなければならない。
3. 施し:すべてはアラーから来るので、貧乏な人に施さなければならない。
4. 断食:時折する断食のほかに、すべての回教徒は、ラマダン(イスラム教の暦の第9の月)には、断食をしなければならない。
5. ハッジ:メッカでの参拝を少なくとも一生に一度は(イスラム教の暦で12月の間に)しなければならない。

以上、五つの教義は回教徒の従順の枠組みであり、回教徒は真剣に文字通り受け取ります。回教徒がパラダイスに入るには、この五本の柱に従うこと次第なのです。

キリスト教に関して、イスラム教はいくつか似たところもありますが、重大な違いもあります。キリスト教のように、イスラム教は一神教ですが、キリスト教に反して、イスラム教は三位一体という考えを否定します。イスラム教は、聖書のある部分、律法と福音書などは受け入れますが、そのほかの大部分は中傷的で、霊感がないとして、拒否します。

イスラム教はイエスは、神の御子ではなく、ただの預言者だと主張します。(回教徒は、アラーだけが神なので、どうして神に子があるだろうか、と言います。)イスラム教は、イエスは処女によって生まれたけれども、アダムのように、土のちりから造られたと確信しています。回教徒はイエスは十字架で死ななかったと信じているので、キリスト教の中心的教えを否定しています。

最後に、イスラム教は、パラダイスは善行とコーランに従うことで獲得できると教えます。聖書はそれと対照的に、人間は聖なる神に達することはできないと、明らかに教えています。神の憐れみと愛のゆえに、キリストに置く信仰によってのみ、罪人は救われるのです。(エペソ2:8-9)

イスラム教もキリスト教も両方ともが真理だとは言えないことは明らかです。イエスが最も偉大な預言者か、またはモハメッドが預言者かのどちらかです。聖書が神のことばか、またはコーランが神のことばかのどちらかです。救いはイエス.キリストを救い主として受け入れて受けるものか、または5本の柱に従うことで受けるかのどちらかです。再度言いますが、両方の宗教が真理であるはずはありません。 この真理、この二つの宗教の重要な領域における違いは、永遠の結果をもたらします。



日本語のホームページに戻る



イスラム教とは?回教徒は何を信じているのですか?