父と母を敬うとはどういう意味ですか?




質問: 父と母を敬うとはどういう意味ですか?

答え:
父と母を敬うとは、ことばや行いで尊敬の念を示し、父母としての立場を尊重する心の態度を持つことです。ギリシャ語の敬うには、「崇敬する、大事にする、評価する」という意味があります。敬うとは、長所、功績のためにだけでなく立場を尊敬することです。たとえば、アメリカ人の中には、大統領の決断に賛成しない人もいるでしょう。しかし、国のリーダーとしての立場 は尊敬するべきです。同様に、どんな年齢になっても、自分の両親を敬うべきです。両親が尊敬に値するか否かには関係なくです。

神は私たちに父母を敬えと勧告しておられます。神は十戒の中に入れられたほど、両親を敬うことを充分価値あることとして評価しておられます。(出エジプト20:12)そして新約聖書にも、「子供たちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことだからです。あなたの父と母を敬え。」これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。すなわち、「そうしたら、あなたは幸せになり、地上で長生きをする」という約束です。」(ェペソ6:1−3)とあります。両親を敬うことは聖書の中で褒美として長生きを約束する唯一の戒めです。両親を敬う人には祝福があります。(エレミヤ35:18-19)それと反対に、「堕落した心」の持ち主や終わりのときに不敬虔さを示す者たちは、両親に従わないという特徴を持っています。(ローマ1:30;第2テモテ3:2)

最も賢い人とされるソロモンは、両親を尊敬するようにと子供たちに強く勧めています。(箴言:8;13:1;30:17)私たちは、もう直接両親の権威の下にいないかも知れませんが、両親を敬えという神の命令から成長しすぎることはありません。神の御子イエス様さえ、地上の両親と(ルカ2:51)天の父なる神に従われました。(マタイ26:39)キリストの見本を見習って、私たちも崇敬の念を持って天の父なる神に近ずくように、両親を扱うべきです。(へブル12:9;マラキ1:6)

明らかに私たちは、両親を敬うように命令されていますが、ではどうやって?行動と態度で敬うことができます。(マルコ7:6)両親が口に出した願いと同じように口に出さない願いも尊敬してあげてください。「知恵のある子は父の訓戒に従い、あざける者は叱責を聞かない。」(箴言13:1)マタイ15:3-9で、イエス様は父と母を敬えという神の命令をパリサイ人たちに思い起こさせておられます。パリサイ人は律法を字義通り履行していましたが、彼らだけの伝統を付け足して、本質上はその律法を無効にしていました。彼らは口では両親を敬うといいながら、彼らの行動はその本心を現わしていました。尊敬とは口だけでするものではありません。 この箇所で、「敬う」ということばは動詞です。動詞は、動詞として正しい行動を要求します。

私たちが心の思い、ことば、行動で神の栄光を讃えようとするのと同じように、両親を敬うことを追求すべきです。幼い子供にとっては、親に従うことは敬うことと同じになります。それには、よく両親の言うことを聞くこと、また両親の権威の下に自分を置いて従うことが含まれます。子どもが成長するにつれて、子供として学んだ従順は、政府や警察、雇用者など他の権威を尊敬することに役立ちます。

私たちは両親を敬うことを要求されていますが、一方、不敬虔な親の真似をすることは含まれません。(エゼキエル20:18-19)もし、子どもが明らかに神の命令に反することをするように親から言われたら、親よりも神に従うべきです。(使徒伝5:28)

尊敬は尊敬を産みます。神は、両親を敬えという命令に従わない者を敬われません。もし、神を喜ばせて祝福されたいという願いがあるなら、私たちは親を敬うべきです。敬うことはいつも簡単なことではありません。確かに自分の力だけではできないことです。しかし、尊敬は人生の目的へ向かう確かな道です。その目的とは神の栄光を讃えること。「子供たちよ。すべてのことについて、両親に従いなさい。それは、主に喜ばれることだからです。」(コロサイ3:20)



日本語のホームページに戻る



父と母を敬うとはどういう意味ですか?