自分に対して罪を犯した人をどうやったら赦せるでしょうか?




質問: 自分に対して罪を犯した人をどうやったら赦せるでしょうか?

答え:
人は誰でも、人生のあるとき、誰かからひどい扱いを受けたり、不正にあったりして、罪を犯されています。そのような悪いことに会ったとき、クリスチャンはどう反応すべきでしょうか? 聖書によると、赦すべきだということです。 エペソ4章32節はこう言っています。「お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなた方を赦してくださったように、互いに赦しあいなさい。」 同じように、コロサイ3章13節でも、「互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなた方を赦して下さったように、あなたがたもそうしなさい。」と宣言しています。この二つの聖句の鍵となるのは、神が私たちを赦してくださったので、人をも赦さなければならないということです。なぜ、赦すか?なぜなら、私たちも赦されたからです。しかし、クリスチャンでない人は、まだ神から赦されていないので、人を赦す力も赦したいという気もないのです。

もし、心から嘆き悔い改めて、私たちのところに来る人だけを赦すのだったら簡単です。聖書は私たちに対して罪を犯した人を無条件で赦しなさいと教えています。人を真に赦すことを拒んでいる人は、恨み、苦々しさ、憤りなどがあるということを示しています。 それは本当のクリスチャンの特徴ではありません。主の祈りの中で、私たちに対して負い目のある(罪を犯した)人を赦したので、私たちの負い目(罪)をお赦し下さいと祈ります。(マタイ6章12節)マタイ6章14−15節でイエスは「もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。」と言われました。 神の赦しについて語るほかの聖書箇所と照らし合わせて考えると、マタイ6章14−15節は、人を赦さない人たちは、神の赦しを本当に経験していないと理解するのが最も良いようです。

私たちが神の命令のひとつでも従わないで的をはずしてしまうと、神に対して罪を犯すことになります。ほかの人に対して悪いことをすると、その人たちに対してだけでなく神に対しても罪を犯すことになるのです。神が私たちのすべての罪を赦してくださるという偉大なあわれみを考えると、 私たちが人を赦すという恵みを拒む権利はどこにもないと気付かされるのです。ほかの人が私たちに対して犯した罪よりもはるかに大きな罪を私たちは神に対して犯しているのです。 もし、神がそれほどの罪をも赦してくださるのなら、どうして私たちがそれほどもちっぽけな罪を赦さないでいられるでしょう? マタイ18章23−35節のイエスのたとえは、この真理を非常に強く描写しています。神は、私たちが赦しを求めて神の元へ来る時、必ず自由に赦すと約束されています。( 第1ヨハネ1章9節)神の赦しに限界がないように、私たちの赦しにも限界があるべきではないのです。(ルカ17章3−4節)



日本語のホームページに戻る



自分に対して罪を犯した人をどうやったら赦せるでしょうか?