もし、罪がすべて赦されているのなら、どうして罪を犯し続けてはいけないのですか?




質問: もし、罪がすべて赦されているのなら、どうして罪を犯し続けてはいけないのですか?

答え:
使徒パウロは、ローマ6章1−2節で非常によく似た質問に答えています。「それでは、どういうことになりますか。恵みが増し加わるために、私たちは罪にとどまるべきでしょうか。絶対にそんなことはありません。罪に対して死んだ私たちが、どうしてなおもその中に生きていられるでしょう。」救いのために「イエス.キリストを信頼した」人が, その前と変わらない生活を続けることができるという考え方は、聖書には絶対にない考えです。キリストにある信者は新しく造られた者(第2コリント5章17節)です。聖霊は、私たちが肉の行い(ガラテヤ5章19−21節)を産み出す者から御霊の実(ガラテヤ5章22−123節)を産み出すように変えてくださいます。クリスチャンの生活は変えられた人生なのです。なぜなら、クリスチャンは変えられたからです。

キリスト教と他の宗教との違いは、キリスト教がイエス.キリストを通して神が私たちのためにしてくださったことを基礎としていることです。つまり神が成し遂げられたことに基いていることなのです。世界の他のすべての宗教は、人間が、神の好意と赦しを得るためには何をしなければならないか―人間の成し遂げることに基いているのです。他のすべての宗教では、神の愛とあわれみを得るためにはあることをしなければならない、また別のあることをやめなければいけないと教えます。キリストに信仰を置くキリスト教では、私たちがあることをしたり、あることをするのを止めるのは、キリストがあることを私たちのためにしてくださったからだと教えます。

罪の罰、つまり地獄で永遠を過ごすことから救い出された人が、前に地獄への道を歩んでいたいた時と同様の生活に戻ることがどうやってできるでしょうか?罪の汚れからきよめられた人が、前と同じ堕落の汚水だめに戻りたいなどと願うことができるでしょうか?イエス.キリストが自分の代わりに何をしてくださったか知りながら、キリストが重要でないかのように、元の生き方を続けることができるのでしょうか?私たちの罪のために、キリストがどんなに苦しめられたか理解しながら、その苦しみには何の意味もなかったかのように罪を犯し続けることができるのでしょう?

ローマ書6章11−15節はこのように宣言しています。「このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト.イエスにあって生きた者だと思いなさい。ですから、あなたがたの死ぬべき体を罪の支配にゆだねて、その情欲に従ってはいけません。また、あなたがたの手足を不義の器として罪にささげてはいけません。むしろ、死者の中から生かされた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげなさい。というのは、罪はあなたがたを支配することがないからです。なぜなら、あなたがたは律法の下にはなく、恵みの下にあるからです。それではどうなのでしょう。私たちは律法の下にではなく、恵みの下にあるのだから罪を犯そう、ということになるのでしょうか。絶対にそんなことはありません。」

それで、本当に回心した者にとっては、罪深い生活をし続けることはその選択にも入ってないのです。 なぜなら、回心することで、私たちは完全に新しい性質に変えられたからです。私たちの願いはもう罪に生きることではなくなったからです。もちろん、私たちはまだ罪を犯します。しかし、前のように罪にふける代わりに、罪を憎み、罪から解放されることを願うのです。私たちの代わりにささげてくださったキリストの犠牲を利用して、罪に生き続けるということは考えられないことです。自分をクリスチャンだと思いながら、昔のように罪深い生活をしたいと願うとしたら、その人は自分の救いが本物かどうか疑う理由があります。「あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身を吟味しなさい。それとも、あなたがたのうちにはイエス.キリストがおられることを自分で認めないのですか。―あなたがたがそれに不適格であれば別です。―」(第2コリント13章5節)



日本語のホームページに戻る



もし、罪がすべて赦されているのなら、どうして罪を犯し続けてはいけないのですか?