フィロケー条項とは何ですか?




質問: フィロケー条項とは何ですか?

答え:
フィロケー条項というのは、むかしから今に続く聖霊に関する教会内での論争のことです。論点は「聖霊は誰に起因するのか?父なる神か、それとも父と子の両方か?」というものです。フィロケーということばは、ラテン語で「そして子」という意味です。これが「フィロケー条項」と言われるのは、ニケア信条で聖霊は父なる神と「そして子なる神」に起因するとして、「そして子」という句がたされたからです。この問題をめぐって、大変な論争が起こり、ひいては1054年のローマ・カトリック教会と東方正教会の分裂へとつながりました。ローマ・カトリックと東方正教会は今もってフィロケー条項に関する同意には達していません。

ヨハネ14:26には、「しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、・・・」とあります。ヨハネ15:26には、「私が父のもとから遣わす助け主、すなわち父から出る真理の御霊が来るとき、その御霊がわたしについてあかしします。」と書かれています。ヨハネ14:16とピリピ1:19も参照してください。これらの聖書箇所は、御霊が父なる神と子なる神 の両方から遣わされていることを示しているように見えます。フィロケー条項の基本的な問題は、聖霊の神性を守ることです。聖書は明らかに、聖霊が神であると教えています(使徒行伝5:3−4)。フィロケー条項に反対する人々は、聖霊が父なる神のみに起因し、子なる神が聖霊を父と子とに追従させると信じているからです。フィロケー条項を擁護する人々は、聖霊は父なる神と子なる神の両方に起因することが、御霊が父と子と同様に神であることに何の影響も与えないと信じています。

フィロケー条項論争は、私たちがどうしても完全に理解することのできない神の人格の局面に関わります。私たち有限な人間の頭では、無限の存在である神を究極的に理解することはできません。聖霊は神であり、神によってイエス・キリストの「代理者」として地球に遣わされたのです。聖霊が父なる神によって遣わされたか、父と子によって遣わされたかは決定的に答えを出すことはできないでしょうし、また、そうする絶対的な必要もありません。フィロケー条項は、おそらく続いて論争のまま残ることでしょう。



日本語のホームページに戻る



フィロケー条項とは何ですか?