どのようににせ教師・にせ預言者を見分けることができますか?




質問: どのようににせ教師・にせ預言者を見分けることができますか?

答え:
イエスは「にせキリスト、にせ預言者」が現れて、神さまに選ばれた人々を惑わそうとする(マタイ24:23−27、IIペテロ3:3とユダ17−18も参照のこと)と警告されました。うそやにせ教師に対抗して自分を守る一番良い方法は、真理を知ることです。にせものを見つけるには、本物を学んでください。どんな信者でも、「真理のみことばをまっすぐに解き明か」し(IIテモテ2:15)聖書を注意深く学ぶ者なら誰でもにせ教理を見抜くことができます。たとえば、マタイ3:16−17に書かれている父と御子と聖霊の活動を読んだことのある信者は、三位一体を否定するどんな教理に対しても、すぐに疑問を抱くでしょう。ですから、第一段階は、聖書を学び聖書が何と言っているかに照らしてすべての教えを判断することです。

イエスは「木のよしあしはその実によって知られる」と言われました(マタイ12:33)。「実」をさがすとき、その人の教えの正しさを判断するためにどんな教師にも当てはまる3つの特別なテストがあります。

1)この教師はイエスについて何と言っているか?マタイ16:15−16で、イエスは「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか」と問われました。ペテロは答えます。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」そしてこの答えによって、ペテロは「あなたは幸いです」と言われるのです。IIヨハネ9には、こう書いてあります。「だれでも行き過ぎをして、キリストの教えのうちにとどまらない者は、神を持っていません。その教えのうちにとどまっている者は、御父をも御子をも持っています。」言いかえれば、イエス・キリストとその贖いのわざがもっとも大切なのです。だれでもイエスと神さまが同じであることを否定する者、私たちの代わりに死なれたイエスの死を軽く見る者、また、イエスの人性を拒否する者には気をつけなくてはなりません。Iヨハネ2:22はこう言っています。「偽り者とは、イエスがキリストであることを否定する者でなくてだれでしょう。御父と御子を否認する者、それが反キリストです。」

2)この教師は、福音を説いているか?福音とは、聖書によればイエスの死と、葬りと、復活に関する良い知らせと定義されています(Iコリント15:1−4)。感じよく聞こえはしますが、「神さまがあなたを愛しています」とか、「神さまは私たちが飢えた人々に食べさせることを望んでいます」とか、「神さまはあなたが金持ちになることを願っています」とかいうのは、福音の完結したメッセージではないのです。パウロがガラテヤ1:7で警告しているように「あなたがたをかき乱す者たちがいて、キリストの福音を変えてしまおうとしているだけです。」だれも、たとえ偉大な説教者であっても、神さまが私たちにくださったメッセージを変える権利を持っている者はひとりもいません。「もしだれかが、あなたがたの受けた福音に反することを、あなたがたに宣べ伝えているなら、その者はのろわれるべきです。」(ガラテヤ1:9)

3)この教師は、主に栄光を帰する、よい性質を現わしているか? にせ教師について、ユダ11は次のように言っています。「彼らは、カインの道を行き、利益のためにバラムの迷いに陥り、コラのようにそむいて滅びました。」言い換えれば、にせ教師は高慢さ(神さまのご計画に対するカインの拒絶)と、欲深さ(金のために預言したバラム)と反抗(モーセの上に自分を立てようとしたコラ)によって分かるということです。イエスはそのような人々に気をつけるように、また、そのような人々は彼らの実によって分かると言われました(マタイ7:15−20)。

さらに学びたいなら、特に教会内のにせの教えと戦うために書かれた聖書の中の次にあげる書を見てください。ガラテヤ、IIペテロ、IIヨハネとユダです。にせ教師・にせ預言者を見分けるのはしばしば難しいことです。サタンは光の御使いに変装し(IIコリント11:14)、そしてサタンの手下は義のしもべに変装するのです(IIコリント11:15)十分に真理に精通することによってのみ、私たちはにせものを見分けることができます。



日本語のホームページに戻る



どのようににせ教師・にせ預言者を見分けることができますか?