神さまに対する信仰と科学とは矛盾しますか?




質問: 神さまに対する信仰と科学とは矛盾しますか?

答え:
科学は「現象の観察、識別、描写、体験的調査と理論上の説明」と定義されます。科学は、人類が自然の宇宙に関してもっと優れた理解を得るための手段として用いることができます。科学とは、観察と推理を通して知識を探求することです。科学の進歩は、人間の論理と想像力がどこまで到達したかを物語っています。しかしながら、科学に対するクリスチャンの信頼は、絶対に私たちの神さまに対する信仰のようになってはなりません。クリスチャンは、どちらが完璧でどちらがそうではないかを心に留めている限り、神さまを信じ、科学を尊重することができます。

私たちの神さまに対する信頼は、信仰です。私たちは神さまの御子の救いと、神さまのことばの指導と、神さまの聖霊の導きを信じています。神さまを信じる私たちの信仰は、絶対であるべきです。なぜなら、私たちが神さまを信じたとき、私たちは、完全で全能で全知の造り主に頼るからです。科学に対する私たちの信頼は、知識の上のもので、それ以上の何ものであってもいけません。科学はたくさんの素晴らしいことを行うことができますが、同時に科学は間違いも犯します。もし私たちが科学を信仰するなら、私たちは不完全で限界のある、死すべき人間に頼ることになります。歴史上、科学は多くのことについて全く間違っていました。たとえば、地球の形、動力飛行、ワクチン、輸血、生殖に関してまでもです。神さまは絶対に間違いを犯しませんし、そのように証明されたこともありません。

真理は、クリスチャンが恐れる必要のないものです。ですからクリスチャンが良い科学を恐れたり憎んだりする理由は何もありません。神さまが私たちの宇宙をどのように構成されたかをもっと学ぶことは、すべての人類が創造の不思議を感謝する助けになります。知識を拡大することは、私たちが病気や無知、誤解と戦うのを助けてくれます。しかしながら、科学者たちが創造主への信仰よりも人間の理論を信頼するとき、そこには危険が伴います。そういう人たちは、宗教に入れ込んだ人たちと何の変わりもありません。彼らは人を信仰し、その信仰を擁護するための事実を探すでしょう。

しかし、もっとも理性的な科学者たち、神さまを信じることを拒否している人たちでさえも、宇宙に関する私たちの理解は完全ではないことを認めています。彼らは、神さまも聖書も科学では正しいか正しくないか証明することはできないことを認めるでしょう。それは、彼らの好んでいる理論の多くが証明できないのと同じです。科学は、ひとつの計画の証拠ではなく、真理だけを追求する本当に中立の分野であるべきです。そして、神さまはいつでも私たちが理論ではなく信仰を通してみもとに行くようにしておられます。

科学の大半は神さまの存在と働きを支持します。詩篇19:1に「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる」とあります。近代科学が宇宙についてもっと多くのものを発見するにつれ、創造の証拠がもっとみつかります。DNAの驚くほどの複雑さとその複製、複雑で入り組んだ物理的な法則、そしてこの地球上の状況と化学物質の完全な調和はすべて聖書のメッセージを支持しています。クリスチャンは、真理を追求する科学を受け入れるべきですが、神さまの上に人間の知識を置く「科学の司祭たち」は拒絶するべきです。



日本語のホームページに戻る



神さまに対する信仰と科学とは矛盾しますか?