初代教会の父祖たちとはだれのことですか?




質問: 初代教会の父祖たちとはだれのことですか?

答え:
初代教会の父祖たちは三つの基本的部類に分けられます。 使徒時代の父祖たち、ニカイヤ以前の教会の父祖たち、ニカイヤ以後の教会の父祖たちです。使徒時代の父祖たちは、ローマのクレメントなど、使徒たちと同時代の人で多分使徒たちに教えられ、使徒たちの伝統と教えを 持ち続けた人たちです。第2テモテ4:21 に出てくるリノスは、ペテロが殉教した後、ローマの司教になりました。そしてクレメントが彼の後にその職を継ぎました。それで、リノスもクレメントも使徒時代の父祖とみなされます。しかし、リノスの書いた文書は残っていないようです。その代わり、ローマのクレメントの書いた物は多く残っています。使徒時代の父祖たちは、2世紀の初めごろにはほとんど舞台から消えて行きました。ポリュカルポスなどヨハネの弟子であったかもしれない2,3人以外は。使徒ヨハネは、伝統によると紀元98年にエペソで死去したと言われます。

ニカイヤ以前父祖とは、使徒時代の父祖たちの後、紀元325年のニカイヤ会議の前にいた父祖たちです。イレナイウス、イグナシウス、ジャステイン殉教者などがニカイヤ以前父祖です。

ニカイヤ以後父祖は、紀元325年のニカイヤ会議の後に来た父祖たちです。ヒッポの司教アウグスチヌスは有名です。彼はしばしば教会(ローマ.カトリック)の父と呼ばれています。教会の教理に関して大きな働きを残したからです。クリュソストムは、雄弁さのゆえに、”黄金の口” と呼ばれました。ユーシビアスはイエスの誕生からニカイヤ会議の一年前、234年までの教会の歴史を書きました。彼は、ニカイヤ会議の後になるまでこの歴史を書かなかったので、ニカイヤ以後時代に含まれています。その他、ニカイヤ以後父祖には、ギリシャ語の新約聖書をラテン語ウルガタに翻訳した ジェローム、皇帝コンスタンチヌスをキリスト教に回心させるのに大きな役を果たしたアンブローズなどがいます。

それでは、初代教会の父祖たちは何を信じたのでしょうか?使徒時代の父祖たちは、使徒たち自身が述べ伝えた福音をそのまま伝えることを非常に気にしていました。彼らは、神学的教理を系統立てて説くことにはあまり興味を持っていませんでした。なぜなら、使徒たちから学んだ福音は彼らにとっては十分だったからです。使徒時代の父祖たちは、使徒たち自身と同じように、初代教会の中に出てきた偽りの教理をあばいて排除することに熱心でした。メッセージの正統性は、使徒時代の父祖たちの、使徒たちから教わった福音に忠実でありたいという願望によって保存されたのです。

ニカイヤ以前の父祖たちも福音に忠実であろうとしましたが、彼らにはそれに追加して心配がありました。パウロ、ペテロ、ルカなどの書物と同じような重みがあると主張するいくつかの偽の書物が出てきたのです。これらの偽文書が出てきた理由は明らかです。もし、キリストのからだである教会がこれらの偽文書を受け入れるよう納得させられたら、教会内に間違いが忍び込んできます。それでニカイヤ以前の父祖たちは、クリスチャン信仰を偽教理から弁護することに時間を費やしました。それが受け入れられる教会の教理成立の始めとなりました。

ニカイヤ以後の父祖たちは、さまざまな種類の異端に対して福音を弁護するという使命をやり続けました。それで、ニカイヤ以後の父祖たちは、徐々に福音の弁護方法に、より興味を持ち始めて、福音を忠実に純粋な形で伝えることへの興味は薄れて行きました。それで、彼らは、使徒時代の父祖たちの認証であった正統性から離れていくようになりました。それは、神学者と終わることのない神秘な主題−例えば、”ピンの頭に何人の御使いが載って踊ることができるか?”など−の議論の時代でした。

初代教会の父祖たちは、キリストに従うことと、真理を弁護することにどんな意味があるかを私たちに示すお手本です。初代教会の父祖たちの中で完璧な人はいませんでした。私たちにも完璧な人はだれもいないのと同じです。初代教会の父祖たちの中には、今日のクリスチャンにとっては、間違いだと思われる教理を持っている人もいました。結果的にローマ.カトリックの神学として発展して行ったものには、その根本がニカイヤ以後の父祖たちの書物にあります。初代教会の父祖たちを研究することで、知識や洞察を得ることもできるのですが、最終的には、私たちの信仰は、初代教会の指導者たちの書物に基づくのではなく、みことばでなくてはなりません。 みことばだけが、信仰と実践のための全く確実なガイドなのです。



日本語のホームページに戻る



初代教会の父祖たちとはだれのことですか?