神は存在するのでしょうか?神が存在するという証拠はあるのでしょうか?




質問: 神は存在するのでしょうか?神が存在するという証拠はあるのでしょうか?

答え:
神は存在するのでしょうか?興味深いことに、この議論に多くの注目が注がれています。最近の調査では、今日世界の90%以上の人が神、あるいは何か偉大な力の存在を信じていると言っています。神の存在を証明するにあたり、どういうわけかその責任は神の存在を信じる人たちに課されがちですが、私にはその逆に、神の存在を信じない人が、それを証明してみるべきだと思います。

しかし神の存在は、誰にでも満足いく方法で証明できるものではありません。聖書は、神の存在の事実を信仰によって受け入れなければならないと言っています。「信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神はご自身を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。」(ヘブル人への手紙11章6節)この世に現れ、その存在を明らかにすることは、神には可能でしたが、もし神がそれをしてしまうと、信仰の必要がなくなることになります。「イエスはトマスに言われた。”わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。“」(ヨハネによる福音書20章29節)

しかし、だからといって神の存在を証明するものがないということではありません。聖書は言います。「天は神の栄光を物語り大空は御手の業を示す。昼は昼に語り伝え夜は夜に知識を送る。話すことも、語ることもなく声は聞こえなくてもその響きは全地にその言葉は世界の果てに向かう。」(詩編19章1−4節)星を見上げたり、宇宙の広大さを考えたり、自然の不思議を観察したり、美しい夕日を眺めたりすれば、これらは全は創造主である神を指します。もし、自然の証明が不十分なら、私たち自身の心の中に神の存在の形跡を見つけることができます。伝道の書3章11節はこう言っています。「神は.....永遠を思う心を人に与えられる。」私たちの心の奥底の何かが、この命を超えた何か、またこの世界を超えた何者がが存在することを認めているはずです。頭でこの知識を否定することが出来ても、私たちのうちにあり、また私たち自身を通して現れる神の存在は実在するのです。それにもかかわらず、神の存在を否定する人がいると聖書は警告しています。「神を知らぬ者は心に言う。”神などない”と。」(詩編14章1節)歴史を通して、すべての文化、文明、国における98%以上の人が、何らかの神の存在を信じているのですから、そう信じさせる何か(あるいは、何者か)が存在するに違いありません。

神の存在をめぐる議論は、聖書に基づいた議論だけでなく、論理学に基づいた議論もあります。第1の議論は存在論的議論といわれます。その中でも、もっともよく知られている論法は、神の存在の証明に、神の概念を用いる方法です。これはまず、「神ほど考え得る偉大なものはいない」と定義することから始まります。そして、次に、存在のほうが、非存在よりも優れていると議論し、従って、考え得る最も偉大なものは存在するはずだと論議します。もし神が存在しないのなら、神は考えうる最も偉大なものにはなりえず、神の定義を否定することになるからです。第2に、目的論的議論があります。目的論的議論は、宇宙のその驚くべきデザインの現れは、その宇宙を設計したデザイナーがいるゆえであるという議論です。たとえば、もし地球が太陽から数百マイル近かったり遠かったりすると、現在地球上に生息する生物の多くが生きられなくなります。もし、大気の成分が数パーセント違っていたら、地球上の生物は皆死んでしまいます。偶然に形成される一つのたんぱく質の分子の割合は10の243乗分の1です。一つの細胞が何万ものたんぱく質分子を含んでいるのです。

第3の神の存在をめぐる論理的議論は宇宙的議論と呼ばれます。すべての結果は原因が伴ないます。この宇宙と宇宙にある全てものを結果とすると、それらの存在を引き起こす何かが必要になります。最終的には、存在を引き起こすための”引き起こされない”何かが必要になります。その”引き起こされない”何かが神なのです。第4の議論は道徳的議論として知られています。歴史上どの文化においても、ある種の法律というものがありました。人は皆、善悪の感覚をもっており、殺人、うそ、盗み、不品行はほとんど普遍的に拒絶されています。この善悪の感覚が聖なる神からでないとしたら、どこから来ているのでしょうか?

それにもかかわらず、人はその明らかな否定できない神の知識を拒絶し、かわりにうそを信じるのだと聖書は言っています。ローマ人への手紙1章25節には、「神の真理を偽りに変え、造り主の代わりに造られた物を拝んでこれに仕えたのです。造り主こそ、永遠にほめたたえられる方です、アーメン。」とあります。聖書はまた、神を信じないことに対して弁明の余地はないと宣言しています。「世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。」(ローマ人への手紙1章20節)

「科学的ではない」また、「証拠がない」といった理由で神を信じないと主張する人たちがいます。しかし、本当の理由は一度神の存在を認めると、人は神に対して責任があること、また神から罪の許しを必要とすることを認めなければならないからではないでしょうか。(ローマ人への手紙3章23節、6章23節)もし神が存在するなら、私たちは神に対する態度に責任があります。もし神が存在しないのであれば、神の裁きを心配しないで何でもしたいことを出来るのです。このような理由から、創造主である神を信じるという代わりに、多くの人が進化論に強く執着しているのです。神は存在し、結局のところ人はみな神が存在することを知っているのです。人々が挑戦的に神の存在を反証しようとしている事自体が、実際、神の存在を証明しているのです。

神の存在をめぐる議論をもう一つさせて下さい。私自身はどうして神が存在することを知っているのでしょうか?なぜなら、私は毎日、神と話すからです。実際に神の話しかける声が聞こえるわけではありませんが、私は神の存在を感じ、神の導きを感じ、神の愛を知り、神の恵みを求めるのです。私の人生におこった様々なことは、神以外の何においても説明できません。神は奇跡的に私を救い、私の人生を変えられました。だからこそ、神の存在を認め、讃えずにはいられません。論議だけで、これほど明らかな神の存在を否定する人達を説得することはできません。最終的には、神の存在を信仰によって受け入れなければならないのです。(ヘブル人への手紙11章6節)神に対する信仰は、暗闇のなかに盲目に飛び込むことではなく、90%の人達がすでに立っている、明るく照らされた部屋に安心して一歩を踏み入れることなのです。



日本語のホームページに戻る



神は存在するのでしょうか?神が存在するという証拠はあるのでしょうか?