神の摂理とは何のことですか?




質問: 神の摂理とは何のことですか?

答え:
神の摂理とは、それによって、またそれを通して宇宙のすべてを支配されるという意味です。神の摂理という教理は神がすべてのことを完全に支配しておられると主張します。この中に、全体としての宇宙(詩篇103篇19節)、物質的世界(マタイ5章45節)、各国の国事(詩篇66篇7節)、人間の生と運命(ガラテヤ1章15節)、人間の成功と失敗(ルカ1章52節)、そして神の民の守り(詩篇4篇8節)が含まれます。この教理は、宇宙は偶然や運に支配されているという考えと真っ向から対立しています。

神の摂理の目的、また目標は神のみ旨を成し遂げることです。神の目標が成就されるのを保障するために、神は人間の事柄を支配し、自然の秩序を通して働いておられます。自然界の法則は、宇宙での神の働きの描写以外の何ものでもないのです。.自然の法則には、本質的な力もないし、法則がそれひとつだけで働くのでもないのです。自然の法則は、ものごとが作動するのを支配するために神が決められた規則と原則なのです。、

人間の選択についても同じことが言えます。非常に現実的な意味で、神のみこころとまったくかけ離れて自由に選択し、自由に行動することはできません。私たちの行動や選択のすべては、神のみこころとまったく一致して起こることなのです。私たちの罪深い選択でさえそうなのです。(創世記50章20節)結局のところ、神は私たちの選択や行動を支配しておられるのです。(創世記45章5節;申命記8章18節;箴言21章1節)それでも、神は、自由で道徳的行為者としての私たちの責任を侵害することもなく、私たちの選択の現実を否定することもないような方法で、支配されるのです。

神の摂理という教理は、次のように簡潔に要約することができます。「神は永遠の昔、ご自分のみ旨によって、すべての起こるべきことを定められた。しかし、決して神が罪の創始者でもなく、人間の責任も免除されることもないで。」神がみ旨を達成される主な方法は、二次的原因( 例えば、自然の法則、人間の選択など)を通してです。つまり、言葉を変えれば、 神はこれらの二次的原因を通して間接的に、み旨を達成されるのです。

神は、時には直接働いて、み旨を達成されることもあります。これらの働きは私たちが奇跡と呼ぶものです。(すなわち、自然な出来事に反して、超自然的出来事のこと)奇跡とは、神がみ旨と目的を果たすために、短期間、物事の自然の秩序を迂回されることです。神がみ旨を成すために、直接的に働かれる場合と間接的に働かれる場合について示すために、使途伝の中からの例を二つ取りましょう。使途伝9章に、タルシスのサウロが回心する記事があります。目をくらませる一瞬の光の中から、サウロ/パウロだけが聞いた声で、神は彼の人生を永久に変えられました。み旨をさらに達成するためにパウロを用いることは神のみこころでした。それで、神はパウロを回心させるために直接的な方法を使用されたのです。キリスト教に回心した人と話して御覧なさい。パウロのような話はほとんど聞くことはないでしょう。私たちのほとんどが、説教を聴いたり、本を読んだり、または家族や友達の熱心な証しを通してキリストを知るようになりました。 それに加え、普通は人生の状況―失業、家族一員の死、離婚、薬物常用など―によってその道が準備されます。パウロの回心は直接的、超自然的なものでした。

使徒伝16章6−10節では、神がみ旨を間接的に成し遂げられることが見られます。このことはパウロの二度目の宣教の旅の途中に起こります。神はパウロとその一行 をトロアスに行かせたいと思われました。しかし、パウロはピシデイヤのアンテオケを離れて東へ向いてアジアへ行こうとします。 聖書は「聖霊はアジアでみ言葉を語ることをお許しにならなかった」と述べています。それで、彼らは西のビテニヤのほうへ行こうとしますが、キリストの御霊がそれをお許しにならなかったので、結局はトロアスへ行き着きます。これは、回顧して書かれていますが、その時は、なぜその二つの地方へ行けないのか論理的な説明が多分あったことでしょう。しかしながら、その事実の後になって、行かせようと願っておられた方向へ導かれたのは神であったと彼らは悟ったのでした。これが摂理なのです。箴言16章9節はこのことを述べています。「人は心に自分の道を思い巡らす。しかし、その人の歩みを確かなものにするのは主である。」

一方、直接的に、また間接的にすべての事柄を支配している神という概念は、自由意志の可能性をまったく破壊してしまうという人たちもいます。もし、神がすべてを完全に支配しているのだったら、私たちはどうやって決断を本当に自由にすることができるのでしょうか? つまり、自由意志として意味を成すためには、神の支配権以外の何かがなければならないというわけです。例えば、人間の選択による付随の事態など。この議論のためにこのことが本当だとします。、それではどうなるのでしょう? もし、神がすべての付随の事態を完全に支配されてないのだったら、私たちの救いを神はどうやって保障することができるのでしょう?パウロはピリピ書1章6節で、「あなたがたのうちで良い働きを始められた方は、キリストイエスの日が来るまでにそれを完成させてくださることを私は固く信じているのです。」と言っています。もし、神がすべてのことを支配しておられないのであれば、この約束も、また聖書のすべての約束も無効だとい言うことになります。私たちのうちに始まった救いという良い働きが完成するという保障もなくなります。

さらに、もし神がすべてのことを支配してないのであれば、神の主権はありません。それに、神に主権がないのなら、そのような神は神ではなくなります。だから、神の支配以外のところに付随事態があるとすると、そのような神はまったく神ではないという結果になるのです。そして、私たちの自由意志が神の摂理に取って代わることができるとしたら、では最終的に誰が神だと言えるのでしょうか?私たちということになります。それはキリスト教的、聖書的世界観を持つ人なら誰でも明らかに受け入れられないことです。神の摂理は私たちの自由意志を破壊するのではありません。神の摂理は、それどころか私たちがその自由を正しく使えるようにしてくれるのです。



日本語のホームページに戻る



神の摂理とは何のことですか?