聖書はうつ病について何と言っていますか?クリスチャンはどのようにしてうつ病を乗り超えられるのでしょうか?




質問: 聖書はうつ病について何と言っていますか?クリスチャンはどのようにしてうつ病を乗り超えられるのでしょうか?

答え:
うつ病は、クリスチャン、ノンクリスチャンを問わず、何百万人という人々に影響を与えている広く行き渡った疾患です。うつ病に苦しむ人たちは、激しい悲しみ、怒り、希望のなさ、疲労といった感情や、そのほか様々な症状を経験する可能性があります。彼らは自分が役に立たない者と感じ始めたり、自殺したくなったり、以前は楽しんでいたことや人々への興味を失うこともあります。うつ病はしばしば、失業や、愛する人の死、離婚のような人生の状況や、虐待や自尊心の低さといった精神的な問題によって引き起こされます。

聖書は喜びと賛美に満たされるようにと言っていますから(ピリピ4:4、ローマ15:11)、神さまはあきらかに私たちが喜びに満ちた人生を生きるように意図されています。それは、状況的なうつ病に苦しんでいる人にとって簡単なことではありませんが、神さまの祈りの賜物、聖書研究と適用、サポート・グループ、家庭のグループ、信者との交わり、告白、赦し、カウンセリングによって癒されることができます。自分自身のことにばかり気を取られないで、外に向けて努力することを意識的にしなければなりません。うつ病の感情は、注意を自分からキリストとほかの人に向けたときにしばしば解決することがあります。

臨床うつ病は物理的な状況で、医師によって診断されなければなりません。その原因は、不幸な人生の状況のせいではなく、また、その人の意思で症状を軽減できるものでもありません。クリスチャンの中のある人々が信じているのに反して、臨床うつ病はいつでも罪が原因であるわけではありません。うつ病は、ときには薬とカウンセリングで手当てされる必要のある肉体的な不調によって起こります。もちろん、神さまはどんな病気も不調も癒すことができます。しかしながら、場合によって、うつ病で医者にかかるのは、ケガで医者にかかるのとなんら違いはありません。

うつ病に苦しんでいる人が、不安を軽減するためにできることがいくつかあります。そんな気が起こらないときにでも、みことばに留まるようにすること。感情は私たちを迷わすかも知れませんが、神さまのみことばはしっかりと立って変わることがありません。私たちは、神さまへの信仰に堅く立って、試練と誘惑を通るときほどもっとしっかりと神さまにすがらなければならないのです。聖書は、神さまは私たちが耐えることのできないような試練が私たちの人生に起こるようにはされないと言っています(Iコリント10:13)。うつ病になることは罪ではありませんが、必要な専門家の助けを受けることを含め、この病気にその人がどのように反応するかの責任は問われます。「ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか。」(へブル13:15)。



日本語のホームページに戻る



聖書はうつ病について何と言っていますか?クリスチャンはどのようにしてうつ病を乗り超えられるのでしょうか?