キリスト教に回心するにはどうしたらいいですか?




質問: キリスト教に回心するにはどうしたらいいですか?

答え:
ギリシャのピリピという町で、ある人がパウロとシラスに似たような質問をしました。この人について少なくとも3つのことがわかります。 彼は看守であったこと。異教徒であったこと。そして彼は絶望していました。パウロに止められるまで、その人は自殺する寸前でした。 .彼が、「救われるためには、何をしなければなりませんか?」という質問をしたのはそのときでした。(使徒16章30節」

この質問をしたという事実だけでも、彼が自分に救いが必要だと認識していたことがわかります。自分には死しかないと解かっていたので助けが必要だと知っていました。そして彼がパウロとシラスにこの質問をしたという事実で、彼がパウロとシラスがその答えを持っていると信じていたことがわかります。

その答えは、すぐに簡単に与えられます。「主イエスを信じなさい。そうすればあなたは救われます。」(31節)この箇所は次に、その人が信じ、回心したことを記しています。その日から、彼は、前とは違った人生を歩んでいることを示し始めています。

その人が回心したのは、信仰(信じる)に基いていることに注意してください。彼は、他の何事でもなくイエスのみを信じなければならなかったのです。 彼は、イエスが神の御子(主)であり、聖書の成就であるメシヤ(キリスト)であることを信じました。その人の信仰には、イエスが罪のために死んで、よみがえられたことも含まれていました。なぜなら、パウロとシラスが述べ伝えていたメッセージはそれだったからです。(ローマ10章9−10節;第1コリント15章1−4節)

「回心する」とは、文字通り、「方向転換をする」ことです。あるものに対して向かうとき、必然的にそれ以外の何かに背を向けることになります。私たちがイエスに向かって行くとき、罪から方向転換しなくてはなりません。 聖書は、罪から向きを変えることを「悔い改め」といい、イエスへ向かうことを「信仰」と呼んでいます。 だから、悔い改めと信仰は互いに補足しあうものなのです。第1テサロニケ1章9節には、悔い改めと信仰の両方が書いてあります。「あなたがたが偶像から神に立ち返って、、」 クリスチャンは、キリスト教に回心したことが本物である結果として、以前の生きかたを捨て、偽の宗教に関するもののすべてに背を向けるのです。

簡単に言いますと、キリスト教に回心するためには、イエスが神の御子であり、あなたの罪のために死んで、三日目によみがえられたと信じなければならないのです。自分が救いを必要としている罪人であると神に同意して、イエスだけが救ってくださることを信頼しなければいけないのです。あなたが罪から離れ、キリストの方に向くとき、 神は、あなたを救い、新しく造られた者として下さる聖霊を与えると約束しておられます。

本当のキリスト教は宗教ではありません。聖書によると、キリスト教とは、イエス.キリストとの関係のことなのです。神が、イエスの十字架でのいけにえを信じ、信頼するなら誰にでも救いを与えると言っておられるのです。キリスト教に回心する人は、一つの宗教から別の宗教に代わるのではないのです。 キリスト教に回心するとは、神が提供しておられるギフトを受け取り、イエス.キリストとの関係を始めることなのです。そうすることによって、罪を赦され、肉体の死後には天国で永遠に生きることができるのです。

この記事を読まれたあと、あなたはキリスト教に回心したいと思いますか?もし、その答えが「はい」なら、あなたが神に捧げるべく簡単な祈りがあります。 この祈り、または他のどのような祈りも救うことはできませんが。罪から救ってくださるのはキリストだけだと信じることで救われるのです。 この祈りは、単に、あなたが神を信じること、救いを備えてくださった神に感謝していることを表現する方法なのです。「神様、私はあなたに対して罪を犯したので、当然その罰を受けるものだと知っております。しかし、イエス.キリストがわたしの代わりに罰を受けてくださり、罪を赦してくださいました。私は救いのためにキリストを信じます。あなたのすばらしい恵みと罪の赦し、それから永遠のいのちという賜物を感謝します。アーメン」

このサイトを読んで、キリストを受け入れる決意をされた方は、下の「私は今日キリストを受け入れました」 のボタンをクリックしてください。



日本語のホームページに戻る



キリスト教に回心するにはどうしたらいいですか?