私たちの罪がすでに赦されているのなら、なぜそれを告白する必要があるのですか?(第1ヨハネ1章9節)?




質問: 私たちの罪がすでに赦されているのなら、なぜそれを告白する必要があるのですか?(第1ヨハネ1章9節)?

答え:
使徒パウロは、「それは、神がその愛する方にあって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるためです。このかたにあって私たちは、その血による贖い、罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。この恵みを、神は私たちの上にあふれさせ、知恵と思慮深さをもって、、、、」(エペソ1章6−8節)と書いています。ここで、「赦し」とは、救いのことで、神が私たちの罪を「東が西から遠く離れているように、」(詩篇103篇12節)私たちから遠く離されることです。 これは、イエスキリストを救い主として信じ、受け入れたとき神が下さる司法上の赦しのことです。私たちの過去、現在、未来の罪さえも、すべてが赦されるということです。つまり、罪のために永遠の裁きに苦しむことはないという意味です。 しかしながら、この地上に生きている間、罪の結果として苦しみに会うことはまだまだあります。そこでこの質問が出てくるのです。

エペソ1章6−8節と第1ヨハネ1章9節の違いは、ヨハネは、いわゆる「関係上」または「家族間」―父と息子の間など―の赦しについて書いていることです。例えば、息子が父親に対して何か悪いことをしたとします。父の規則に反したとか父の期待を破ったとか。そうすると息子は父親との関係において気まずくなり、交わりが絶たれてしまいます。その父親の息子に変わりはないのですが、関係が悪くなります。息子が父親に対して自分の非を認めない限り、その関係は邪魔が入ったままです。神との関係も同様です。私たちが罪を告白するまで、神と私たちの間に壁ができてしまいます。神との関係に邪魔が入るのです。私たちが自分の罪を告白すると、その壁が取り除かれて交わりが元のようになります。このことを関係上の赦しというのです。

「立場上」の赦し、または「司法上」の赦しは、キリストにあってすべてのクリスチャンが得るものです。キリストのからだの一部としての立場上、私たちのすべての、つまり、過去、現在、また未来に犯すかもしれない罪は赦されているのです。十字架上でキリストが支払ってくださった代価は、罪に対する神の怒りを鎮めるのに十分でした。だから、これ以上何の犠牲も代価も払う必要はありません。イエスが「完了した」と言われたとき、本当にその通りだったのです。私たちの立場上の赦しは、その時、そこで獲得されたのです。

罪を告白することで私たちは、神の懲らしめから逃れられます。もし、告白しなかったら、告白するまで、神は必ず罪のための懲らしめをされるのです。前にも述べたように、救われたとき、罪は赦されます。(立場上の赦し) しかし、日々、神との歩みの中でいつも関係をよくしておかなければなりません。(関係的赦し)私たちの生活に告白していない罪があると、神との正しい交わりはできません。だから、神との親しい交わりを保つためには、罪を犯したことに気付いたら、即座に告白する必要があるのです。



日本語のホームページに戻る



私たちの罪がすでに赦されているのなら、なぜそれを告白する必要があるのですか?(第1ヨハネ1章9節)?