クローン人間についてのクリスチャンの考えはどうなのでしょうか?




質問: クローン人間についてのクリスチャンの考えはどうなのでしょうか?

答え:
聖書には特に、人間のクローンについて述べた箇所はないのですが、クローンについて考えさせてくれる原則がいくつかあります。クローンには、DNA. と妊娠初期の胎児の細胞が必要です。 まず、DNA が生物の細胞の核から取り出されます。遺伝コードの情報を持った物質は、胎児の細胞の中に置かれます。新しい遺伝の情報をもらった細胞は、その新しい遺伝コードを受けるためには、自分の前からのDNAを取り出さなければならなかったでしょう。もし、細胞が新しい DNA を受け入れれば、複写した胎児ができます。しかし、胎児の細胞が新しいDNA を拒否して胎児が死んでしまうかもしれません。それに、もともとあった遺伝子の物質を細胞核から取り出された胎児は生きられないという可能性があります。多くの場合、クローンをしようとする時、新しい遺伝子を持った方の移植の成功率を高めるために、いくつかの胎児を使います。このような方法で生物を複製することは可能ですが、(たとえば、羊のドリーのように、)、変形や複雑な問題なしに生物を複製するのに成功するチャンスは、ほんのわずかしかありません。

クローン人間の過程に関してのクリスチャンの見解は、いくつかの聖書の原則によって、以下のように言うことができるでしょう。まず、第一に、人は神のかたちに似せて造られたので、特殊なものなのだということです。 創世記1章26-27節は、人間は神のかたちに似せて造られ、すべての生物の中で特殊なものだと宣言しています。明らかに、人間の命は貴重なもので、商品のように売買されるべきものではありません。 ある人たちは、人間のクローンを、器官移植に適切なドナーが見つからない人のために、代わりの器官を造る目的で勧めています。この考えは、本人のDNAを取りだしてそのDNAで成立った器官を複製して、移植された器官を体が拒絶するチャンスを大いに低くしようというものです。それは、本当かもしれませんが、問題はそうすることで、人間の命を安くしてしまうということです。クローンするためにはその過程で人間の胎児を使用することを要求します。新しい器官を造るために細胞を生かしてすることは可能かもしれませんが、それに必要なDNAを得るためには、いくつかの胎児を殺す必要があります。 要するに、クローンするには、多くの人間の胎児を「ごみ」として捨てなければならないのです。それらの胎児が成長して完全に人となるチャンスをなくすために。

多くの人は、人の命は妊娠と共に始まるのではない、だから胎児は実際には人間ではないのだと信じています。聖書はそうは教えていません。詩篇139篇13-16節は、「.それは、あなたが私の内臓を作り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私の魂はそれをよく知っています。私がひそかに造られ、地の深いところで仕組まれた時、わたしの骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書き記されました。わたしのために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。」と言っています。この詩篇の著者ダビデは、生まれる前から神によってよく知られていた、つまり、彼は母の胎に宿った時、神が定められた未来を持った人間だったと宣言しているのです。

さらに、イザヤ書49章1-5節では、イザヤがまだ母の胎内にいたときから、神がイザヤを預言者として召されていたと言っています。また、バプテズマのヨハネも母の胎にいたとき、聖霊に満たされたとあります。(ルカ1章15節)これらの聖書箇所を見ると、聖書は、人の命は胎に宿った時から始まると教えているとわかります。このことからして、クローン人間を作る過程で、人間の胎児を殺すことになるのを考えると、聖書の人間のいのちの尊厳さという見解に矛盾しているということになります。

それに加えて、もし、人間が創造されたものなら、創造者がいることになります。それなら、人間はその創造主に従い、いつか弁明をしなければならなくなります。このごろはやりの世的な 心理学や人間至上主義の考え方は、人間は自分以外の何者にも弁明する責任はなく、人間こそが究極的な権威だと信じさせていますが、聖書はそれとは違うことを教えています。神は人間を創造して、この地上を支配する責任をお与えになりました。(創世記1章28-29節;9章1-2節) この責任から、神への弁明の必要性が生じます。 人間には究極的権威はないのです。だから、人の命の価値を決める立場ではないのです。それに、人間のクローン、妊娠中絶、安楽死などの道徳性を決める権威は、科学にもありません。聖書によると、神だけが人間の命に関して絶対的な支配をする権威のあるお方なのです。そのようなことを支配しようとするのは、神の地位に人間を置くことになります。明らかに人間はそのようなことをしてはいけないのです。

人間を特殊な創造物ではなく単なる生物の一つとみなすなら、人間を維持や修理を必要とするただの機械だととるのは難しいことではありません。しかし、私達は、ただの分子や科学物質の収集ではないのです。聖書は神が私たちひとりひとりを造り、それぞれに特殊な計画を持っておられると教えています。さらに、 その御子イエス.キリストを通して、私たちと個人的な関係を持ちたいと願っておられます。人間クローンには有益に見える面もあるかもしれませんが、クローン技術がどこまで進むか、人類がコントロールできるわけではありません。クローン技術の利用は善意でのみするだろうと思うのは愚かなことです。 人間クローンを判断するために必要な責任や決断をする立場に人間は立っていないのです。

よくある質問は、いつの日か人間クローンが成功した場合、そのようなクローン人間に魂があるかということです。創世記2章7節は、「神である主は土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで人は生きものとなった。」と言っています。ここに、神が生ける人間の魂を造られた過程が書いてあります。魂とは、私たちそのもので、私たちの持ち物ではないのです。 (第1コリント15章45節)問題は、クローンによって造られた人間の魂がどんな生ける魂なのかということです。 この質問には決定的な答えはありません。しかしながら、もし、人間がクローンに成功して、クローン人間が造られたとしたら、そのクローン人間も他の普通の人間と同様に、永遠の魂を持った人間と変わりないのではないかと思われます。



日本語のホームページに戻る



クローン人間についてのクリスチャンの考えはどうなのでしょうか?