聖書は、教会の政治形態について何と言っていますか?




質問: 聖書は、教会の政治形態について何と言っていますか?

答え:
主は、地上のご自分の教会がどのように組織され管理されて欲しいと願っておられるか、聖書に非常にはっきりと示しておられます。第一に、キリストが教会のかしらであり、最上の権威であられること(エペソ1:22、4:15、コロサイ1:18)。第二に、地域教会は独立しており、外からのどんな権威も支配も受けず、自治の権利と、いかなる個人や組織の階級制の妨害からも自由であるという権利とを持つべきであること(テトス1:5)。第三に、教会はふたつの主要な職務からなる霊的リーダーシップ、長老と執事によって治められるべきであること。

「長老」はモーセの時代からイスラエル人を導いてきた人たちでした。彼らが政治的な決定をしたり(IIサムエル5:3、17:4,15)、のちの歴史の中で王に助言をしたり(I列王記20:7)、霊的なことがらに関して一般の人々を代表したり(出エジプト7:17、24:1、9、民数記11:16、24−25)しているのを見ることができます。旧約聖書の初期のギリシャ語訳である70人訳は、「長老」ということばにギリシャ語のプレスブテロスということばを使っています。これは、新約聖書で「長老」と訳されているギリシャ語と同じ単語です。

新約聖書は何度も何度も教会のリーダーシップの役割を担った長老について語っており(使徒行伝14:23、15:2、20:17、テトス1:5、ヤコブ5:14)、このことばが通常複数であることから、各教会にはあきらかにひとり以上の長老がいたようです。唯一の例外は、何かの理由でひとりの長老が選ばれているときだけです(Iテモテ5:17、19)。エルサレム教会では、使徒たちと並んで長老たちがリーダーシップをとっていました(使徒行伝15:2−16:4)

長老の地位は、「監督」または「ビショップ」(使徒行伝11:30、Iテモテ5:17)と訳されている(訳注:日本語の聖書では、どちらも長老と訳されている)エピスコポスの 地位と同等であるようです。「ビショップ・監督」という言い方がその権威と職務を指す一方、「長老」という言い方は任務の威厳を指しているのかも知れません。ピリピ1:1で、パウロが監督(ビショップ)と執事にあいさつをしているのに、長老が出てこないのはおそらく長老が監督(ビショップ)と同じであるからでしょう。同様に、Iテモテ3:2、8は監督と執事の資格について述べていますが、長老については述べていません。テトス1:5−7もまた、このふたつのことばを結び付けているようです。

ディアコノスから来た「どろの中を通して」と言う意味の「執事」の地位は教会の仕えるリーダーシップのひとつでした。多くの部分で長老と同様の資格をもちながら(Iテモテ3:8−13)執事は長老とは別です。使徒行伝6章に記録されているように、執事は教会のあらゆる必要を助けます。

教会の人間のリーダーを示す「牧師」と訳されているポイメインということばに関しては、新約聖書にはエペソ4:11に1度出てくるだけです。「こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。」ほとんどは「牧師」と「教師」というふたつのことばから「牧師教師」というひとつの地位を連想します。牧師教師が特定の地域教会の霊的な羊飼いであったろうと考えられます。

上記の箇所で長老がいつでも複数いるからといって、他の長老に事務、祈りなどの賜物を与える一方で、特定の長老に神が、教える賜物を与えることがないと言っているのではありません(ローマ12:3−8、エペソ4:11)。これらの賜物を使うようなミニストリーに神がこれらの人々を召しておられることを否定するものでもありません。このようにして、ほかの人が組織の詳細を扱うと言う意味で教会を「治める」一方、ひとりの長老が「牧師」となり、また同情の賜物のあるほかの人が教会員の訪問のほとんどを引き受けることもあるでしょう。牧師と執事委員会とで組織されている多くの教会が、複数の長老の役割を担い、ミニストリーの負担を分かち合い、共にものごとの決定をしていきます。聖書には決定に会衆の意見が取り入れられていたことが書かれています。そのようなわけで、その人が長老、監督、あるいは牧師と呼ばれていようがいまいが、「専制主的」リーダーは聖書的ではありません(使徒行伝1:23、26、6:3、5、15:22、30:2、IIコリント8:19)。長老や教会リーダーの意見を尊重しない会衆統治の教会もまた、非聖書的です。

まとめて言えば、聖書は複数の長老(ビショップ、監督)と共に教会に仕える数人の執事の集まりからなるリーダーシップを教えています。しかし、この長老の複数性は、その中からひとりが主な「牧師」の役割をすることと相反するものではありません。神はある人々を「牧師・教師」として召され、教会に賜物として与えられました(エペソ4:11)。使徒行伝13章では、神はある人々を宣教師として召されています。このように、教会にはたくさんの長老がいるかも知れませんが、すべての長老が牧会者として召されているわけではありません。しかし、長老のひとりとして、牧師または「教える長老」はほかの長老が持っている決定権に勝る権威を持っているということでもないのです。



日本語のホームページに戻る



聖書は、教会の政治形態について何と言っていますか?