教会に行くことはなぜ重要なのですか?




質問: 教会に行くことはなぜ重要なのですか?

答え:
私達は、教会に行き、他の信者の人たちと共に神を礼拝し、自分の霊的成長のためにみことばを教えてもらう必要があると聖書は教えています。(使徒伝2章42節;へブル書10章25節)教会は信者が互いに愛し合い(第1ヨハネ4章12節)、互いに励ましあい(へブル3章13節)、互いを促し合い(へブル10章25節)、互いに仕える(ガラテヤ5章13節)場所、また互いに訓戒しあったり(ローマ書12章10節)、互いに尊敬しあったり(ローマ10章24節)互いに親切でやさしい心を持つべき所です。(エペソ4章32節)

人がイエスキリストを信じて救われると、その人はキリストのからだの一部にされます。(第1コリント12章27節)教会がからだとして正しく作動するためには、からだのすべての部分なければいけません。(第1コリント12章14−20節) 同様に、クリスチャンは他のクリスチャンの励ましや助けがなければ、本当に完全な成長を遂げることは絶対にないでしょう。(第1コリント12章21−26節)これらの理由で、教会出席、参加、交わりはクリスチャン生活の普通の一面であるべきなのです。 信者にとって毎週教会に出席することが必要条件だというのではありませんが、キリストを信頼する者は、神を礼拝し、みことばを教わり、他の信者と交わりをしたいという願いがあるべきです。



日本語のホームページに戻る



教会に行くことはなぜ重要なのですか?