聖書はクリスチャンが独身でいる事についてどう言っている?




質問: 聖書はクリスチャンが独身でいる事についてどう言っている?

答え:
クリスチャンの独身生活や、クリスチャンが結婚しない事について聖書が何と言っているのかにはしばしば誤解があります。使徒途パウロは第一コリント7章7−8節で「私の願うところは、すべての人が私のようである事です。しかし、ひとりひとり神から与えられたそれぞれの賜物を持っているので、人それぞれにいき方があります。次に、結婚していない男とやもめの女に言いますが、私のようにしていられるなら、それがよいのです。」と言っています。パウロは独身の賜物を持った人がいれば、結婚の賜物を持った人もいると言っている事をお気づきでしょうか?ほとんどの人達が結婚をするように思えますが、それがすべての人への神様の御心であるわけではないのです。例えばパウロは結婚や家族を持った結果ついてくる問題やストレスを心配する必要はありませんでした。彼は神様の御言葉を広める事に生涯をささげたのです。もしパウロが結婚をしていたなら、あれほどに神様から用いられる事は難しかったでしょう。

反対に、結婚相手や家族と一緒に、チームとして神様に仕える事の方が向いている人もいます。どちらでも、神様の働きのために大切である事は変わりません。クリスチャンが独身でいる事は、それが生涯を通してであっても罪ではありません。一番大切なのは伴侶を見つける事や事もを育てる事でもなく、神様に仕える事なのです。私たちは神様の御言葉をもっと知るため、聖書を読み、祈る必要があります。私たちが神様にご自身を示して下さいと、そう祈るならば神様はその祈りを聞いて下さいます(マタイ7章7節)。また、私たちが神様にご自身の御わざの為に私達を用いて下さいと、そう祈るならば、神様はその祈りを聞いて下さいます。「この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良い事で、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。」(ローマ12章2節)

独身という肩書きは呪いだとか、その人に「何かよくない事」がある証拠とみなされてはいけません。多くの人達が結婚していて、多くの人達が結婚する事が神様の御心らしく聖書にも書かれていますが、独身のキリスト者は決して三流クリスチャンではないのです。第一コリントにも書かれているように、結婚は、あえて言うならば、さらに崇高な召しなのです。日常のすべての事でもそうであるように、結婚に関しても神様に知恵を与えて下さいと私達は祈るべきです(ヤコブ1章5節)。それが結婚であろうと、独身であろうと、神様の御計画に従って生きる事で私達は神様が望んでおられる実の豊かさと喜びをもたらす事ができるのです。



日本語のホームページに戻る



聖書はクリスチャンが独身でいる事についてどう言っている?