ハルマゲドンの戦いとは何ですか?




質問: ハルマゲドンの戦いとは何ですか?

答え:
「ハルマゲドン」ということばは、へブル語のハル・マゲドン、つまり「メギド山」から来たことばです。このことばは、聖書的な預言に示されている、神が介入されて反キリストの軍隊を滅ぼす将来の戦い(黙示録16:16、20:1−3、7−10)と同義語として使われるようになりました。すべての国々がキリストに反対して戦うために、数えきれないほどの人々がハルマゲドンの戦いに関与します。

ハルマゲドンの谷がどこにあるのかははっきりしません。なぜなら、メギドと呼ばれる山がどこにもないからです。しかしながら、「ハル」ということばには丘という意味もあるので、一番それらしい場所はエルサレムの北60マイルにある、メギドの草原を囲む丘陵地帯と思われます。この地域でこれまで200以上の戦いが繰り広げられました。メギドの草原とその近くのエスドラエロンの草原がハルマゲドンの戦いの中心点となり、ハルマゲドンの戦いははるか南のエドムの街ボツラまでも荒れ狂い、イスラエルを縦断します(イザヤ63:1)。ハルマゲドンの谷は、イスラエルの歴史の中でふたつの偉大な勝利によって知られています。1)バラクのカナン人に対する勝利(士師記4:15)と、2)ギデオンのミデヤン人に対する勝利(士師記7章)です。ハルマゲドンは同時にふたつの大きな悲劇の舞台でもあります。1)サウルと息子たちの死(Iサムエル31:8)と、2)ヨシヤ王の死(II列王記23:29−30、II歴代誌35:22)です。

この歴史のために、ハルマゲドンの谷は神と悪の力との最終的な衝突の象徴となりました。「ハルマゲドン」ということばは、黙示録16:16に出てくるだけです。「こうして彼らは、へブル語でハルマゲドンと呼ばれるところに王たちを集めた。」この王たちは、反キリストに忠実な者たちで、イスラエルに対する最終的な攻撃のためにともに集まるのです。ハルマゲドンにおいて「神の激しい怒りのぶどう酒の杯」(黙示録16:19)が与えられ、反キリストとその追従者たちは覆され敗退します。「ハルマゲドン」はメギドの草原で起こる戦いだけを特別に示唆するものではなく、今は世界の終わりを示す一般的な言い回しになりました。



日本語のホームページに戻る



ハルマゲドンの戦いとは何ですか?