アリウス派主義とは何?




質問: アリウス派主義とは何?

答え:
アリウス派主義は、アリウス、4世紀初めごろの教師の名から来ています。初代クリスチャンたちの間で、最も初めの、多分最も重要な議論の項目のひとつはキリストの神性の問題でした。イエスは本当に肉体を取った神だったのか、それとも創造された存在だったのか。イエスは神か、または単に神のようだったのか。アリウスは、イエスは 、神が他の創造のわざをする前に、神によって創造された、すべての創造のうちの無上の栄光だったと信じました。アリウスは、それで、イエスは神の特徴を持って創造された者であるが、イエス自身は神ではなかったという考えです。.

アリウス主義は、イエスが疲れたこと(ヨハネ4:6)や、再臨のときを知らないこと(マタイ24:36)などについて書かれたところを誤解しています。その通り、神がどうして疲れることができるのか、神が知らないことがあるのかなどは理解しにくいことですが、イエスを創造された者にしてしまうのが答えではありません。イエスは完全に神ですが、また完全に100%人間でもありました。イエスは、肉をとって生まれるまでは人間にはならなかったのです。だからイエスの人間としての限界はイエスの神性、永遠性に何の影響も与えませんでした。

二番目の重要なアリウス主義の誤解は、”長子”、”先に生まれたかた”ということば(ローマ8:29;コロサイ1: 15-20)の意味です。アリウスは、これらの節の”先に生まれたかた”を。イエスは”生まれた”または、”一番最初の創造のわざで造られた者”という意味に取りました。実は、そういう意味ではないのです。イエスご自身が、自分の自存性と永遠性を宣言されました。(ヨハネ8:58;10:30)ヨハネ1:1-2は、イエスは「初めに神と共にあった」と教えています。聖書の時代には、 一家の長子は偉大な栄誉を与えられていました。(創世記49:3;出エジプト11:5;34:19;民数記3:40;詩篇89:27;エレミヤ31:9)イエスが神の長子だというのは、この意味なのです。イエスは神の家族の卓越したメンバーだということです。イエスは油注がれた方、”不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君”(イザヤ9:6)なのです。

初代教会のさまざまな会議で一世紀近く議論された後、キリスト教会は、正式に、アリウス派の教義は偽りだと告発しました。それ以来、アリウス主義は、キリスト教信仰の教義としては一度も容認されてはいません。しかしながら、アリウス主義は廃れてはいません。アリウス主義は、数世紀を通してさまざまなかたちで、続いて来ました。今日のエホバの証人やモルモン教 は、キリストの性質に関してアリウス主義に非常に似た立場を取っています。初代教会がしたのと同様に、私たちも私たちの主であり、救い主であるイエス.キリストの神性に対するどんな攻撃に対しても、断固として反対しなくてはなりません。



日本語のホームページに戻る



アリウス派主義とは何?