黙示とは何ですか?




質問: 黙示とは何ですか?

答え:
「黙示(アポカリプス)」ということばは、「暴露すること、露見、おおいを取り除ける」という意味のギリシャ語のアポカルプシスということばからきています。黙示録は、ときに「ヨハネの黙示」と呼ばれることがあります。なぜなら、黙示録は神が使徒ヨハネに終わりのときのことを暴露されたのだからです。さらに、「黙示」にあたるギリシャ語のことばが、黙示録の最初のことばです。 T「黙示文学」という言い回しは、将来のできごとを示唆する象徴やイメージや数字を使用することの説明に使われています。黙示録以外の聖書の黙示文学の例は、ダニエル7−12章、イザヤ24−27章、エゼキエル37−41章とザカリヤ9−12章です。

黙示文学はなぜこのような象徴主義とイメージとで書かれたのでしょうか?黙示文学が書かれたのは、はっきりと普通のことばでメッセージを語るよりもイメージと象徴とでメッセージの見かけを変えたほうがより安全である時代でした。さらに、象徴によって時と場所の詳細がミステリーに包まれました。しかしながら、このような象徴を使った目的は、混乱を引き起こすためではなく、困難な時代にあって神に従う人々を指導し励ますためでした。

特に聖書的な意味を超えて、「黙示」ということばは一般的に終末、または特に終末に起こるできごとを指すことばとして使われます。キリストの再臨やハルマゲドンの戦いのような終末のできごとが黙示(アポカリプス)と呼ばれることもあります。黙示は、究極的な神のみ怒り、正義、そして最終的に神の愛を明らかにする啓示となります。イエス・キリストこそ、私たちに神を示す、神の最高の「黙示」です(へブル1:2)。



日本語のホームページに戻る



黙示とは何ですか?